院長の気ままブログ

2020.10.17更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!

コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

 

「あれ、何しに来たんだっけ?」など、まだ若いのにボケた?など不安に思ったことはありませんか?もしかしたら何気ない行動が記憶力の減退を招いているかもしれません。

 

○記憶力を低下させる生活習慣

 ・運動不足

  運動不足が記憶に関係あるの?と思われるかもしれませんが、大ありなのです。規則的に運動すると、脳神経を刺激し記憶機能を司る『海馬』が毎年約2%も多く成長する。

 ・偏食

  健康を維持するのはもちろん、記憶力を上げるのにもバランスのとれた栄養は欠かせません。炭水化物や糖分の摂りすぎは記憶力が減退してしまいます。オメガ3脂肪酸を含む魚など記憶力にいいです。

 ・睡眠不足

  たかが睡眠と侮っていると、記憶力はどんどん低下します。睡眠中に脳は新しい細胞を作り出します。

 ・メモやスマホに頼っている

  記憶をすることで、脳に刺激になり記憶力向上になる。

 ・物事を同時進行してしまう

  脳が混乱を起こし、記憶力が減退してしまうそう。脳のためには1つずつの方がいいとのこと。

 

これらが当てはまる方は多いかもしれません。自分のためにすこしずつ改善していきましょう!

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

 

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

entryの検索

カテゴリ

スポーツをするすべての人を支えたい

日常生活でケガをした方はもちろん、肩こりや腰痛など

日ごろから身体の不調を感じている方も、お気軽にご相談ください

  • tel_048-669-7007.png
staff staff blog