院長の気ままブログ

2020.05.21更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!

コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

 

寝たいのになかなか睡眠に入れないなんて経験ありませんか?もしかしたらこんなことしている覚えありませんか?

 

○睡眠を妨げる要因

 ・横になりながらのスマホ

  スマートフォンの普及によって夜にブルーライトを浴びる機会が増えてきました。そのために眠れない人が増えています。

 ・早く寝なきゃという焦り

  「眠れない=寝不足=不健康」という図式に過剰に反応してしまいます。「早く寝ないといけないのに」と心が焦り始め、余計眠りから遠ざかります。

 ・深く考え事をしてしまう

  「悩み」「不安」「ストレスに感じていること」などが次々と浮かんできて、思考は負のスパイラルにはまっていきます。体は疲れているのになかなか脳が寝てくれなくなります。

 ・寝る前にやっておこうとあれこれ動く

  寝る前の行動は、睡眠の質を左右します。体内時計は「覚醒」のリズムを刻んでいるため、これに乗ってしまい、ますます寝つけなくなります。

 ・寝ることよりも他のことを優先している

  まずは「睡眠」を優先順位の1位に位置づけましょう。

 

寝付きを悪くする要因を取り除き日々良質の睡眠を得ることが大切です。

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

entryの検索

カテゴリ

スポーツをするすべての人を支えたい

日常生活でケガをした方はもちろん、肩こりや腰痛など

日ごろから身体の不調を感じている方も、お気軽にご相談ください

  • tel_048-669-7007.png
staff staff blog