院長の気ままブログ

2017.10.27更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

目の疲れとセットで、肩こりもつらくなってしまった経験はありませんか?目の疲れと肩こりは、それぞれがきっかけとなり、相互的に悪循環に陥りやすい症状です。

○目の疲れと肩こりはセットでやってくる
 目の疲れとセットで、肩こりもつらくなってしまった経験はありませんか? 同時に頭痛に見舞われることもありますよね。これらの症状は、目の疲れと肩こりに関わりがあるために起こります。このようなケースでは、緊張型頭痛も誘発されやすい心配があります。

○これらが複数当てはまる人は要注意!
 ・集中してパソコンに向かい、仕事に追われることが多い
 ・オフィスではもちろん、帰宅後もパソコンに向かっている
 ・睡眠時間が十分ではない
 ・仕事に関連することが、頭から離れずいつも気になっている
 ・体を動かす習慣がない
 ・座っていると、気付けば猫背姿勢になっている
 ・仕事で使用している机・イス・パソコンの位置や高さが、自分には合っていない気がする
 ・デスクワークの際、ほとんど休憩しない


○疲れ目でも自律神経の乱れが起きる
 目の不快感を我慢しながら仕事を続けることがストレスとなり、緊張とリラックスのバランスをとる上でも重要な、自律神経系の機能が乱れが起き、肩こりを起こす筋肉の緊張の原因になることがあります。

疲れた目の筋肉の血流回復、目の周辺が気持ち良くなる動作を行うようにしましょう。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

スポーツをするすべての人を支えたい

日常生活でケガをした方はもちろん、肩こりや腰痛など

日ごろから身体の不調を感じている方も、お気軽にご相談ください

  • tel_048-669-7007.png
staff staff blog