院長の気ままブログ

2017年3月14日 火曜日

おかひじきの効果がすごい!

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

おかひじきという名前の野菜を知っていますか?ひじきとついていても海藻じゃなく野菜なんですが、体にも嬉しい効能があるんです。

○おかひじきって?
 葉が多肉質の線形をしており、ヒジキに似ていることから陸のひじき=おかひじきと呼ばれるようになったそうです。5~9月に収穫され、害虫が付きにくく無農薬で栽培しやすいのが特徴で、若芽を茹でて食用にします。

○おかひじきの栄養
 おかひじきの主な成分はカリウムで、その他カルシウムやマグネシウム、リン、鉄などのミネラル、ビタミンE,ビタミンK、βカロテンが含まれています。

○おかひじきの効能
 ・むくみ予防
  おかひじきの主な成分であるカリウムを摂ることにより体内のカリウムとナトリウムは正常な比率(1:2)に保たれるよう、ナトリウムと水分を体外へ排出してくれます。
 ・高血圧予防
  むくみのときと同様にカリウムがナトリウムと水分を排出して血圧を正常に保つように働きます。
 ・心筋梗塞、脳梗塞予防
  ビタミンEの働きにより血液内での脂肪酸の過酸化脂質化が防がれるため、血栓ができるのを防ぐことができます。
 ・糖尿病予防
  おかひじきには多くの食物繊維があります。水溶性食物繊維は糖質、コレステロールを包み込み体外へ排出します。そのため、腸内での吸収が妨げられて糖尿病、脂質異常症に効果があります。
 ・便秘予防
  不溶性食物繊維は腸を活性化させて腸内の有害物質や不要なものを体外へ排出する効果があります。
 ・美肌効果
  不溶性食物繊維による体内の有害物質を排出やビタミンEの働きによる皮膚や粘膜の保護により肌の調子を整えます。
 ・貧血予防
  鉄分を多く含んでいますので鉄欠乏性貧血に有効です。
 ・骨粗しょう症予防
  カルシウムにより骨の生成が活発になり骨粗しょう症を防ぎます。

おかひじきはあまり有名な野菜ではないのですが、栄養が豊富で取扱いがしやすい野菜です。上手く摂り入れるのも良いですよ。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31