院長の気ままブログ

2016年10月15日 土曜日

レンコンの栄養

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

これからが旬の根野菜。様々な種類がありますが、レンコンは古くから薬用の食材として食べられているほど栄養が極めて豊富なんです。

○エネルギーが豊富
 主な栄養成分は糖質(でんぷん)で、活動のエネルギーを高めます。

○ビタミンCが豊富
 ビタミンCは熱に弱いのですが、レンコンは含有量が多いので煮物などにしても相当量のビタミンCが残ります。

○食物繊維・ミネラル豊富
 不溶性の食物繊維が多いので、便秘予防にも効果的です。

○ネバネバ成分「ムチン」
 ネバネバ野菜の正体であるムチン含まれています。ムチンにはたんぱく質や脂肪の消化を促し、滋養強壮効果があります。

○免疫力向上に「レクチン」
 たんぱく質の1種であるレクチンは、マクロファージという免疫細胞が細菌を見つけやすくする働きがありカゼの予防にもつながります。

○野菜には珍しいビタミンB12
 ビタミンB12は鉄分の吸収を高める役割があります。

○貧血予防
 鉄分の吸収を高めるビタミンB12以外にも造血ビタミンと呼ばれるビタミンB6を含んでいます。

○万能薬のタンニンを含む
 ポリフェノールの一種であるタンニン。消炎や止血作用があり、咳止めや鼻血、ぜんそくの発作止めの効果があります。

こんなにも多くの効果があるレンコン。美味しく食べて健康に役立てましょう!
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30