院長の気ままブログ

2017年1月13日 金曜日

ヒートショック危険度診断

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

ヒートショックとは、間違った入浴法が原因で寒い冬に発生しやすい体調不良のことをいいます。ヒートショック予備軍は約5割いるともいわれていますが、あなたは大丈夫?

○ヒートショックとは?
 ヒートショックとは、間違った入浴法により急な血圧上昇が引き起こされ、体に悪影響が及ぶことをいいます。急激な温度差で交感神経が強く刺激されることで、血圧の急上昇がもたらされ、心筋梗塞や脳卒中などのリスクを高めてしまうのです。特に気温が低くなる冬には、入浴前後の危険性が指摘されています。

○ヒートショック危険度セルフチェック
 ・メタボ、肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症、心臓・肺や気管が悪いなどと言われたことがある
 ・自宅の浴室には暖房設備がない
 ・自宅の脱衣室に暖房設備がない
 ・1番風呂に入ることが多いほうだ
 ・42度以上の熱い風呂が大好きだ
 ・飲酒後に入浴することがある
 ・浴槽に入る前のかけ湯をしない または簡単にすませるほうだ
 ・シャワーやかけ湯は肩や体の中心からかける
 ・入浴前に水やお茶など水分をとらない
 ・1人暮らしである、または家族に何も言わずにお風呂に入る

 当てはまるものが多ければ多いほど危険が高いと言えますが、目安として5個以上にチェックがついた場合、ヒートショック予備軍となります。

予備軍に当てはまる方は予防、対策をしっかり行って下さい。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30