院長の気ままブログ

2016.08.09更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

立秋を過ぎ、暦の上では秋ですが、まだまだ暑すぎますね。熱中症予防や快適な生活のためにも冷房は欠かせないですよね。しかし冷房のかけ過ぎには注意が必要です。

○冷房をかけ過ぎると
 冷房によって疲労を感じたり、体全体のダルさを感じたりしたことありませんか?その原因は自律神経の乱れによるものです。室内外の温度差で自律神経のバランスが乱れてしまい、汗をかきにくい体になってしまいます。そうなると疲労物質が溜まってしまい疲労を招いてしまうのです。

○冷房による自律神経の乱れを防ごう
 ・エアコンの設定温度を27~28℃を目安に設定する。
 ・冷房の風を直接肌に当てない。
 ・体が冷えすぎたら軽い運動などで汗をかく


ついつい強く設定してしまうかもしれませんが、自律神経が乱れないように生活する事が大事です。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

スポーツをするすべての人を支えたい

日常生活でケガをした方はもちろん、肩こりや腰痛など

日ごろから身体の不調を感じている方も、お気軽にご相談ください

  • tel_048-669-7007.png
staff staff blog