院長の気ままブログ

2016年3月 2日 水曜日

ストレスが原因...でもストレスって?

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

体調や気分がすぐれない。。。原因がはっきりせず、病院に行ってもストレスが原因と言われる。様々な不調の原因と言われるストレスですが、そもそもストレスとはなんでしょうか?

○ストレスって何?
 ストレスとは、外部から刺激を受けて体に起こる反応と、その原因となる刺激のことです。原因となる刺激のことをストレッサーとも言います。私たちの体は、ストレスを受けて体調を崩しても、休めばたいてい健康な状態に回復します。これはホメオスタシス(生体恒常性)という、正常な状態に戻ろうとする体の働きのおかげです。しかしストレスが強すぎたり、長くさらされていると、ホメオスタシスが働かなくなってしまうのです。そのようにならないようにコントロールする必要があります。
 アルミ缶で例えると、軽い刺激を与える分ではペコッとしてもすぐ戻りますが、強く圧すと戻らなくなりますよね。この様なことが体に起こります。

○ストレスに意味はある?
 ストレスは無くすべき、排除するべきと思われがちですが、生きていくためには必要な刺激なんです。働き過ぎて体を壊さないためには疲れというストレスが必要ですし、不安や不満という刺激があるからこそ努力が出来る。寒冷刺激があることで身を守る行動をするのです。
 ストレスは人生のスパイスとも言われます。適度な刺激があるからこそ人生をよりよく料理でき、自分を向上させながら生きていけるのです。

ストレスは生きている限り付き合いが続きます。だからこそストレスでホメオスタシスを崩さないよう、生活習慣・思考・行動などを見直していくことが大切です。また、日頃からストレスの状況をチェックしましょう。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31