症状ブログ

2016年9月29日 木曜日

肉離れから早期復帰するためにできること

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

夏から秋へ、この季節の変わり目に増えるケガの1つが肉離れです。原因は様々ありますが、なってしまった場合に自分でも早期復帰のためにできることを覚えておきましょう。

○早期復帰のためにできること
 ・アイシング
  最近ではむやみにアイシングをしてはいけないと言われていますが、一時アイシングをすることで回復効果を高めます。目安は受傷後最大72時間と言われています。アイシングの際は凍傷に注意が必要です。また、回復のための栄養が血液に含まれるので、長時間のアイシングは回復を遅めてしまう可能性も考えられます。
 ・圧迫
  炎症によるむくみを起きてしまうのをなるべく防ぎ、後々に修復がスムーズに行くようにしてあげるためにも効果的です。ただ、弱すぎると効果は無く、強すぎると逆に組織を傷つけてしまうので注意して下さい。
 ・深呼吸
  体の中の酸素濃度を高めるためにも、深呼吸は有効です。酸素を血中に増やし、血行の促進にもつながります。
 ・温める
  炎症が治まってきたら温めましょう。温めることにより血流量を増やし、修復物質を送ります。
 ・患部の緊張緩和
  肉離れをした部位の周囲は筋緊張が起きている場合が多くあります。固まりやしこりのようなものを感じることもあります。痛みが治まるまではストレッチではなく、激の少ないアプローチから始めるといいです。ストレッチを開始する際もぐっと伸ばさないようにし、少し伸びているなくらいのところで脱力しながらしましょう。
 ・荷重がかからない運動
  自転車や水泳など負担を少ない、ゆったりとした動きから始めましょう。

早期回復のためにはできることはたくさんあり、回復の仕方にも個人差がありますが、自分に合ったものを探してみるのもいいですよ。
肉離れについてはこちらもどうぞ⇒肉離れってどんなの?
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院