スポーツによるケガ

2014年10月17日 金曜日

覚えておきたい、スポーツ外傷が起きた際の応急処置『PRICES』

ほんのわずかの差、それこそ1点、1秒、1㎝を争う世界でどうしても体に大きな負担をかけてしまいます。スポーツにケガはつきものと言われますが、予防をしていても不可抗力でケガというアクシデントもあります。そこで重要なのは、ケガをした時の処置です。このときケガに対して正しい処置を行うか否か、出来たか出来なかったかで回復時期や極端な話その後のスポーツ人生を左右しかねないポイントになります。ここで紹介するスポーツ障害への対応を覚えておいてください。

ケガをしたらP.R.I.C.E.S!
スポーツ外傷では、打撲などのように直接的な外力を受ける場合と、靭帯損傷などのように間接的な外力を受ける場合とがありますが、どちらも炎症反応が起きます。応急処置はこの炎症反応が拡大しないよう抑制することが主目的です。ケガをしたらすぐにPRICES(プライシス)!スポーツ経験がある方は一度はRICE処置と聞いたことがあるかと思います。これは本当に最低限必要な処置で、余裕があればPRICESを。

P:Protection 保護
 ケガを保護し、これ以上不必要なダメージを与えない。ファーストエイドはまず安瀬な場所に移動させることから始まります。

R:Rest 安静
患部をうごかさないようにし、腫れ、炎症、出血を最小限に抑える。

I:Ice 冷却
応急処置で最も重要なもの。患部を冷やし、一時的に新陳代謝を低下させ、毛細血管を収縮させ血液の流れを抑制する。鎮痛作用。
しかい、最近の研究では過度なアイシングは回復を遅らせてしまうことも言われているので当院では最初に15分ほどおこない、1時間に1セットのペースをおすすめしています。

C:Compression 圧迫
患部を包帯などで圧迫することで、内出血を抑え、血腫(血のかたまり)ができるのを防ぐ。

E:Elevation 挙上
患部を心臓より高くし、血液の流入を制限し、内出血を軽減させる。

S:Support 補助
患部の悪化を防ぎ、より良い回復に向かうよう、松葉づえや腕を吊ったりなどのサポート。


これはあくまでも応急処置です。骨折・脱臼はもちろん、軽い捻挫だろうと甘く見られがちなもので実は酷かったなどというものもありますので、必ず医療機関を受診してください。
コンディショニングラボ南口駅前接骨院はスポーツ外傷、スポーツ障害、一般外傷に力を入れており、自信を持った接骨院です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院