ホーム > トレーナー活動

スポーツトレーナー活動

トレーナー活動を始めたきっかけ

トレーナー活動を始めたきっかけ

当院の院長は学生時代より柔道・レスリング・相撲など様々な競技を行いました。
当時は故障も多く、整形外科に通っていてもなかなか改善せず、よく接骨院のお世話になっていました。

そんな生活の中でスポーツ選手の身体の使い方をアドバイスし、ケガをしづらく、またよりパフォーマンスを向上させられるトレーナーを志すようになりました

活動内容

活動内容

現在は選手だけではなく運動をするすべての皆さまをサポートする活動を行っておりますが、かつては地元の柔道部のトレーナーとして選手たちのケア・練習の指導・テーピングなどの処置を行っていました。

また、全国小学生ドッジボール大会などの競技大会で、救護担当をつとめるなど、様々な現場を経験しております

悩みを相談できる「第三者」として、身体面・精神面での様々なご相談をお受けします。

悩みを相談できる「第三者」として、身体面・精神面での様々なご相談をお受けします。

特に学生の方など運動をしている皆さんは、身体だけではなく、精神面にも様々なお悩みを抱えることがあります
例えば試合の前に追い込まれていく身体と精神面に対して、当院では可能な限りの手技・そして悩みごとに関する相談などで、サポートを行っています。

また、ケガをした際、それでも練習をしたい、または休みたいけれどチーム内での責任があって休むことができない・顧問や仲間にそれを話せないなど、置かれている状況は様々です。

ご本人の意向をできるだけ叶えるべく、事情によって顧問の先生やご両親などとも良い関係を築き、ご希望によって積極的な働きかけも行いますので、どんな小さなお悩みでもお話ください。