症状ブログ

2017年6月20日 火曜日

アイシングのすすめ

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

運動後のアイシング、ケガの悪化予防や回復を早める役割があるんです。

○どうしてアイシング?
 運動後にケアとして行うアイシングでは、「運動時に損傷した筋肉や組織を冷やし、血流を制限する」ことで筋肉の回復を早める役割があります。運動では非常に軽微ながらも筋肉や組織が損傷が入ります。日々の練習で起こるその炎症を抑えることで、回復を早めることができます。また、他にも「神経の興奮の鎮静化やむくみの軽減」など様々な効果があるために練習後のアイシングが良いとされています。

○冷やす時間は?
 冷やす時間は3~15分程度が目安です。長時間冷やすことは血流を阻害してしまったり、凍傷などの可能性があるのでおすすめできません。

○冷やす場所は?
 筋肉を直接冷やすのもいいのですが、血管を冷やすことでより効果的にアイシングを行うことが出来ます。

自身のパフォーマンスを高めるために、日々のケアは非常に大切です。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院 | 記事URL

2017年6月17日 土曜日

ぎっくり腰の原因

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

ふとした瞬間に腰にギクッと走る強い痛みが出るぎっくり腰。ぎっくり腰は慢性腰痛とは異なり、瞬間的、または一日程度の短期間で非常に強い腰痛になるのが特徴です。そんなぎっくり腰の原因は何でしょうか?

○瞬時に腰を痛める
 ぎっくり腰は謎の多い急性腰痛症です。その呼び名の通り、腰にギクッと瞬間的な痛みが走り、そのまま腰痛になることが多いです。慢性腰痛とは異なり、瞬間的、または一日程度の短期間で非常に強い腰痛になるのが特徴なんです。

○ぎっくり腰の原因
 ぎっくり腰は非常に重たいものを持ったときなど起こると思われがちです。しかし重荷物を持ったり、腰部を酷使したときに起こる病気ではありません。ちょっとした動作がきっかけで起こることも多々あるのです。くしゃみや洗顔時の前かがみ、荷物を持った時のような日常的な動作でぎっくり腰になる場合、その時に腰部を支える機能が低下しているのです。
 腰部を支える機能を損ねる原因として、
 ・生活習慣による影響
  座り仕事、立ち仕事、作業台に向かう細かい作業など、同じ姿勢でいる時間が長い場合、疲労する筋肉や負担がかかる部位に偏りが生じます。適度に運動する習慣がない場合は筋肉の血流も滞りやすくなり、腰を支える筋肉機能が低下するリスクが高まります。
 ・スポーツによる影響
  筋肉量が多いたくましい体の人でもぎっくり腰になります。運動後の筋疲労の残り方や筋肉の機能バランスが悪いと、逆に腰に負担がかかってしまうことがあるのです。運動前後の体操やストレッチなど、十分なケアが大切です。
 ・精神的ストレスの影響
  精神的な負荷がかかる場面でも、筋肉が緊張して血流が滞り、腰を支える筋肉機能が低下するリスクが高まります。
 ・病気による影響
  転移性骨腫瘍、椎体骨折など脊椎に問題がある場合のほか、急性膵炎や腎盂腎炎など内臓疾患が関連することがあります。心因性の腰痛でも強い痛みや悪化を繰り返すこともあります。

ぎっくり腰の痛みの出かたや場所は人それぞれ、おかしい場合は早めの受診を!
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院 | 記事URL

2017年6月16日 金曜日

テニスによくあるケガ

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

全仏オープンで錦織圭選手はベスト8でしたね。やはりグランドスラムを制するのは難しいものですね。テニスは当院に来院される患者様で行っている方が多いスポーツの1つです。そんなテニスでの三大障害についてまとめてみました。

○テニスの三大障害って?
 テニスでの三大障害として足首の捻挫、肉離れ、テニスエルボーがあげられます。捻挫や肉離れはどのスポーツでも多い障害です。
 足首の捻挫は無理な体勢からボールを追いに行ったり、打った直後の戻り時にバランスを崩した時に多く発生します。
 次に肉離れ(ふくらはぎ)ですが、これは季節の変わり目や練習前の準備体操の怠り、寝不足や疲労などの体調不良が原因などが重なった時に発生します。肉離れは急な動作に筋肉が急激に強く収縮する為に筋繊維の一部に損傷が生じたもので、片足で立つことも難しく、1点に激しい痛みを伴います。
 最後にテニスエルボーですが、週3日以上やられるベテランプレーヤーに多くみられ、肘関節の過激な使用や腕を伸びきった状態で負荷がかけられる動作が続けられるときになりやすいといわれています。

○テニス肘(テニスエルボー)の症状
 1.ストロークでのインパクトで痛みが感じられるが他のショットや日常生活には支障が無い。
 2.さらに、ボレーでも痛みが感じられ荷物を持つことが辛く感じる。
 3.サービスでも痛みが生じ、ラケット自体に重みが感じられる。
 4.字を書いたり、お箸を持つことが短時間しかできず、サポーターを手放すことができない。

の4段階に分かれ、3.4はテニスを中止する必要が出て来ます。

○どうしても行う場合には
 ・プレー前にストレッチ、プレー後にもストレッチとアイシングを入念に行う
 ・ラケットのフェースを大きくする、ガットを緩めにする、グリップを細めにする
 ・スピン、ドライブなどの回転をあまりかけないようにする。
 ・湯船でのマッサージ及び湯と冷水の交互浸水動作を行う

痛みが和らがない場合、悪化している場合は残念ですが、しばらくテニスを休む必要うがあります。

何事も早期発見、早期治療でが肝心です。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院 | 記事URL

2017年6月14日 水曜日

O脚の原因

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

男性でも女性でもO脚が悩みになることは多いですよね。立ち姿勢や歩き方など見た目への影響だけでなく、年齢を重ねると変形性膝関節症の原因になることもあるのです。

○O脚とはどんな状態?
 O脚はまたの名を内反膝(ないはんしつ)といい、両膝が外側に曲がり、左右の足関節を揃えても膝関節の内側がふれあわない状態のことを言います。

○O脚の原因
 O脚の原因は、病的な変形と生理的な変形の二つに分類されます。病的変形は膝関節周囲の靱帯の損傷や弛緩が原因で発生するもの、先天的または後天的に膝関節を構成する骨の異常が発生したもの、骨折などの外傷により変形したものなどを指します。こうした病的変形が原因で発生しているO脚には、原因に応じて手術などが行われます。
 一方、生理的変形によるO脚とは、運動習慣の不足や不適切な姿勢での生活などが原因で、膝関節の内反角度が増大してしまうことを言います。一般的に生理的変形によるO脚は、その名の通り膝関節の問題と思われがちですが、実際には膝自体に原因がなく、股関節の可動域や股関節周囲の筋力が原因で発生していることが多いと言われています。

大殿筋、ハムストリングス、腹直筋などお腹にある筋肉の柔軟性が低下している場合はO脚になりやすくなるかもしれません。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院 | 記事URL

2017年3月16日 木曜日

スポーツによる肩の痛み

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

人間の関節のなかで、もっとも大きく動くのが肩の関節です。ほとんど全方向に動くようにできています。こうした動きを支えるために、肩には3つの関節と、腱板(小さな筋肉群と腱の集合)、滑液包(動きをスムーズにする液の袋)、靭帯、筋肉が複雑に組み合わさっています。肩もスポーツによって負担がかかり過ぎて痛みが出ることもあるんです。

○スポーツによる肩の痛み
 最近は中高年の方に、スポーツが原因となる肩痛を起こす例が増えています。中高年の場合には回復に時間がかかったり、慢性化しやすいといった傾向があるので注意が必要です。スポーツによる肩の痛みには大別すると、肩(腕)を大きく動かすことによるもの、打撲などの衝撃によるものがあります。
 ・腱板損傷
  肩の奥にある回旋筋腱板(小さな筋肉群と腱)が傷つき、炎症から痛みが生じます。
 ・インピンジメント症候群
  腱板の一部や肩の動きを滑らかにする滑液包が変性し、上腕骨先端とぶつかり炎症を起こします。
 ・上腕二頭筋長頭炎
  上腕二頭筋の一部が上腕骨と接触し、炎症を起こします。
 ・脱臼
  転倒時の打撲や無理な動きから、肩関節がずれることがあります。程度によっては腱板損傷をともなうこともあります。

○予防のために
 ・運動を始める前に十分な準備運動をする
 ・やり過ぎない(張り切りすぎない)
 ・痛みを感じたらしばらく休む
 ・睡眠不足のときはやめるか、軽めにする
 ・日常生活にストレッチ運動を取り入れる


スポーツによる肩の痛みは、腱板断裂や骨折など重症化していることもあります。自己判断せず、痛みが引かない場合には早めに医療機関を受診しましょう。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院 | 記事URL