院長の気ままブログ

2017.05.31更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

女性にとっても運動習慣は健康的で美しい体をつくるのに大切なことです。しかしアスリートになればなるほど体の負担になってしまうこともあるんです。

○女性は筋肉を鍛えると体全体が引き締まる
 日本人の男女の身長と体重は、12歳頃までは男女間の差はほとんどみられず、14歳以降になって顕著に体格差が現れます。身長と体重はいずれも男子の値が高くなり、体型も大きくなります。また皮下脂肪と筋肉量については、女性は男性に比べて皮下脂肪が多く、逆に筋肉量は男性の60~65%程度と少ないのです。有酸素運動能力を示す最大酸素摂取量についても女性は男性の75%程度であり、このような身体的な特徴が顕著になってくると男性と同じように運動やトレーニングを行っても、相対的な筋肉量は増えるものの、男性のように筋肉がついてムキムキした体になることはあまり考えられません。女性が運動をして筋肉を鍛えると、筋肉が「大きく太くなる」というよりは「体全体を引き締める」ことにつながります。

○運動習慣のある女性が注意すべきこと
 運動を続けることで女性に起こりやすい医学的な問題点として、「女性アスリートの三主徴(FAT)」というものがあります。
 ・摂食障害
  摂食障害には大きく神経性食欲不振症(拒食症)と神経性大食症(過食症)の2つに分けられます。これらは相反する行動のようにみえますが、拒食症から過食症へと移行する場合も多いといわれており、栄養失調、月経異常、低体温症にくわえ、嘔吐を繰り返すことで電解質バランスが崩れ、肝機能や心臓血管系にも悪影響を及ぼします。拒食症が進行すると生命の危険にさらされる場合もあるので注意が必要です。
 ・運動性無月経
  月経(生理)が3ヶ月以上停止した状態である続発性無月経のうち、運動が原因と考えられるものを運動性無月経といいます。運動性無月経が起こる主な理由としては摂食障害などによる栄養不足、精神的・身体的ストレス、体重・体脂肪の減少、ホルモン環境の変化などが挙げられます。
 ・骨粗しょう症
  骨粗しょう症とは骨量が減少し、骨がもろくなって骨折しやすくなった状態をいいます。一般的には閉経後の高齢者に多くみられますが、運動性無月経が長期にわたって続いてしまうと卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンが減少し、骨量の低下が進行して疲労骨折などを起こしやすくなります。

この三主徴、一般女性でもダイエットを目的として過度な食事制限をしてしまうとこれに当てはまる場合がありますので、必要最低限の栄養は確保し、運動とあわせて体重管理することが大切です。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2017.05.31更新

おはようございます!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

5月30日現在の埼玉県の交通事故件数(本年1月1日からの累計)
発生件数10,703件 前年より-107件
死者数76人 前年より+9人
負傷者数13,101人 前年より-210人

加害者は被害者を助ける義務があります。逃げることで罪を大きくしてしまいます。早い対処で助かる命もあるので、事故を起こしたら
①人命救助・安全確保
②警察・救急へ連絡
③保険会社へ連絡
をしてください。

十分気をつけていても 万が一ということがあります。被害者にも加害者にもならないのが1番です。
交通事故に合い、体の不調にお悩みの方はご相談だけでも構わないので日進駅南口駅前のコンディショニングラボ南口駅前接骨院にお声掛けください。
平成27年6月1日より道路交通法改正になり、自転車も厳しさが増しました。皆さんも注意が必要です。

当院の交通事故の施術についてはこちら

交通事故による通院・転院のご相談も受け付けております。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2017.05.30更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

ダイエットに励んでいる方で、まず取り組むのは食事でしょうか。食事を減らしてもダイエットがうまくいかないのは、もしかしたら基礎代謝のせいかも知れません。食事だけに頼らず、痩せやすい体つくりを目指しましょう!

○食事を減らすだけがダイエットではない
 カロリーが低ければ痩せるという一種の信仰にがんじがらめになって、カロリー低めなのに体重が多すぎるというケースは意外と多いのです。大事なのは基礎代謝を上げることなのです。人間には、寝ていても消費するエネルギー(カロリー)というものがあります。それが基礎代謝です。基礎代謝は筋肉量に比例します。偏食や運動不足によって筋肉量が少なくなれば、基礎代謝も低下します。代謝が上がることでエネルギー効率が高くなり、痩せやすく、むくみや冷え性など様々な症状を改善できる可能性があるのです。

○基礎代謝を上げる方法
 ・ストレッチなど軽くでも体を動かす
  現代人はデスクワークが増えたり、運動する機会が減るなどして、筋肉量が減少しています。体を伸縮させることで筋肉がほぐれるため、自然と体の稼動域が増え、それによって日常生活での消費エネルギーが増えるのです。
 ・高タンパク、低カロリーの食事を心がける
  代謝アップに欠かせないのは、筋肉をつけることです。ダイエットをすると、多少なりとも代謝が落ちるものですが、たんぱく質が不足すれば、たとえ体重が落ちていても、どんどん太りやすい体を作っているようなものなのです。
 ・姿勢を正す
  姿勢を正すと、ずれていた内臓が正しい位置に戻って、正常に働くようになるので、さらに基礎代謝量がアップする効果があります。また、猫背やだらしない姿勢を保っていると筋力が衰えて基礎代謝も低下しやすくなるので気をつけましょう。
 ・体温を上げる
  体温が高いということは、体がエネルギーを燃やして熱を作っているということです、つまり何もしないでも消費されるカロリーが高いことになるわけです。体を芯から温め、血行を良くすることで体温が上がって基礎代謝量のアップにつながります。なので、体温を上げるという意味でも運動は欠かせません。
  また、食品には体を温める食品と、体を冷やす食品があり、温める食品を積極的に摂り入れるようにしましょう。
 ・しっかり睡眠をとる
  睡眠時間が少ないということは、大切な体づくりの時間が減っているということになります。良質な睡眠がとれるということは、良質な筋肉が作られるということでもあり、その結果基礎代謝もアップしていきます。

日常生活のちょっとしたことを意識するだけで痩せやすい体が手に入るかもしれないですよ。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2017.05.30更新

おはようございます!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

5月29日現在の埼玉県の交通事故件数(本年1月1日からの累計)
発生件数10,641件 前年より-102件
死者数76人 前年より+9人
負傷者数13,025人 前年より-192人

加害者は被害者を助ける義務があります。逃げることで罪を大きくしてしまいます。早い対処で助かる命もあるので、事故を起こしたら
①人命救助・安全確保
②警察・救急へ連絡
③保険会社へ連絡
をしてください。

十分気をつけていても 万が一ということがあります。被害者にも加害者にもならないのが1番です。
交通事故に合い、体の不調にお悩みの方はご相談だけでも構わないので日進駅南口駅前のコンディショニングラボ南口駅前接骨院にお声掛けください。
平成27年6月1日より道路交通法改正になり、自転車も厳しさが増しました。皆さんも注意が必要です。

当院の交通事故の施術についてはこちら

交通事故による通院・転院のご相談も受け付けております。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2017.05.29更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

ヨーグルトは健康に良いって聞きますよね。インフルエンザ予防や花粉症対策など、健康志向の高まりにともない、日本でも日常的に食べる人が増加中です。ヨーグルトにはどのような効果が期待できるのでしょうか。

○ヨーグルトが健康に役立つわけ
 ヨーグルトは牛乳に乳酸菌を加えた発酵乳製品です。牛乳自体、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく含んだ栄養的に優れた食品です。そこに、腸内環境を改善する役割を持つ乳酸菌が加わっているので、栄養価が高く、非常に健康に役立つ食品なのです。ヨーグルトのたんぱく質の一部は、乳酸発酵によりペプチドまで分解されているため、牛乳よりさらに消化吸収されやすくなっています。糖質の大半を占める乳糖も、いくらか分解されているうえ、乳酸菌の持つ乳糖分解酵素が腸でも働くので、牛乳を飲むとお腹がごろごろする人にも安心です。カルシウムは牛乳と同じく豊富に含まれ(100gあたり110mg)、しかも乳酸と結びついて乳酸カルシウムとなり、より吸収されやすくなっています。

○期待できる効果
 ・ヨーグルトの酸味により、食欲増進、胃液分泌や腸管運動の活発化消化吸収向上作用があります。
 ・乳酸菌やそれらが作り出す酸により、腸内の悪玉菌を減らして善玉菌優勢の腸内環境にし、便通を整える働きをします。
 ・腸内に善玉菌が増えると免疫力が高まり、がんや感染症に対する抵抗力を高めます。

その他潰瘍性大腸炎の病状緩和、血糖値・血中コレステロール値の上昇抑制、血圧降下など、健康に役立つ多くの効果が発見されています。

最近では、ヨーグルトの容器にプロバイオティクスという言葉を見かけるようになりました。プロバイオティクスは、本来体に備わった病気と戦う力を高めるもので、効き目はゆるやかですが副作用もなく、予防医学という考え方からも注目されています。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2017.05.29更新

おはようございます!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

5月28日現在の埼玉県の交通事故件数(本年1月1日からの累計)
発生件数10,570件 前年より-86件
死者数75人 前年より+8人
負傷者数12,939人 前年より-163人

加害者は被害者を助ける義務があります。逃げることで罪を大きくしてしまいます。早い対処で助かる命もあるので、事故を起こしたら
①人命救助・安全確保
②警察・救急へ連絡
③保険会社へ連絡
をしてください。

十分気をつけていても 万が一ということがあります。被害者にも加害者にもならないのが1番です。
交通事故に合い、体の不調にお悩みの方はご相談だけでも構わないので日進駅南口駅前のコンディショニングラボ南口駅前接骨院にお声掛けください。
平成27年6月1日より道路交通法改正になり、自転車も厳しさが増しました。皆さんも注意が必要です。

当院の交通事故の施術についてはこちら

交通事故による通院・転院のご相談も受け付けております。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2017.05.27更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

現代人が不足しがちな必須栄養素の「鉄分」。鉄不足になってしまう原因にはいくつかの意外なポイントがあるのです。

○原因1:食物中の鉄が少なくなっている?
 現代人の鉄不足の大きな原因は、食べ物や食生活の変化による影響が大きいと思われます。
 ・炭水化物、加工精製食品が多い。
 ・栽培に有機肥料を使用しなくなった。
 ・鉄製の調理器具が少なくなった。


○原因2:鉄が吸収されていない?
 ・胃酸の低下
  胃酸は食べ物から補う栄養素の消化・吸収において重要です。
 ・胃切除後や高齢者の食事摂取不良(入れ歯、咀嚼力の低下)

鉄の需要が増えるのは?
 鉄は生活習慣や環境の変化などによっても必要量が変わります。
 ・成長期
 ・月経(生理)
 ・妊娠:鉄は優先的に胎児に運ばれるため、母体は鉄が不足しやすくなります。
 ・出産後:乳汁中に鉄が分泌されるので母体の鉄は不足しやすくなります。
 ・消化管の出血
 ・アルコール常飲者
 ・運動選手:活性酸素により赤血球の膜が障害を受けます。また、足底に加わる衝撃で赤血球が潰されます。汗からの鉄の喪失が増えたり、筋肉肥大にともない鉄の需要が増えます。
 ・献血など


貧血には至らない鉄不足によりさまざまな心身の症状を呈します。状態によっては医療機関の受診を考えてください。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2017.05.26更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

日本人は、慢性的にカルシウムの摂取量が低いといわれています。体内のカルシウムが不足すると骨粗しょう症以外にも、悪化すると命にかかわるようなさまざまな病気を引き起こる可能性があります。カルシウムが不足すると、人体にどのような影響が現れるのでしょうか。

○日本人はカルシウムが不足しがち
 日本人は、慢性的にカルシウムの摂取量が低いといわれています。日本人の約60%がカルシウム不足とされており、これまでカルシウムの標準摂取量が目標値を上回ったことがありません。カルシウムは吸収率があまりよくない栄養素で、食物に含まれるカルシウムは4分の1から半分程度しか吸収することができず、摂取が難しいといわれています。また、若い時は食事の量が少なくてカルシウムの摂取量が足りないということはあまり考えられませんが、高齢になると小食になりカルシウムの摂取量が足りなくなってしまうことが想定されています。

○カルシウム不足が引き起こす病気
 ・骨粗しょう症:血中のカルシウムを補うために骨からカルシウムを補充するため、骨が隙間だらけになります。
 ・体が十分に成長しなくなります。
 ・骨、歯が弱くなる:骨を作る材料が足りないため、骨密度の低い骨になります。
 ・神経過敏:カルシウムにはマグネシウムと協同して神経を穏やかに導く作用があるのです。
 ・高血圧、動脈硬化、尿路結石糖尿病、アルツハイマー病、変性関節症など

カルシウム不足は、問題なく日常を過ごす裏で長期的に体をむしばんでいきます。特に成長期の子供や更年期など、摂取量が不足しがちな方は注意しましょう。

○カルシウム不足が誘引するカルシウム欠乏症とは
 人間の体組織内にあるカルシウムは人間が生きていくうえで必須の栄養素です。しかし、不足すれば骨中から抜き取って補充されるため、カルシウムの摂取量が不足したからといってすぐに体調不良が起こることはありません。ただし、摂取するカルシウムの不足が続くと、骨中のカルシウムは静かに減り続け、何十年か後に骨粗しょう症の発症などで表面化してきます。また、成長期の子供がカルシウムをしっかり取らないと、骨折などをしやすい、もろい骨になってしまいます。体が大きくなるにつれて骨の体積も増えますが、材料であるカルシウムが足りないために骨密度が減少し、中身がスカスカになってしまうのです。

カルシウム+マグネシウム、カルシウム+ビタミンDのように、カルシウムを含む食品とカルシウムの吸収を助ける食品を一緒に食べる工夫をするようにしてください。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2017.05.26更新

おはようございます!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

5月25日現在の埼玉県の交通事故件数(本年1月1日からの累計)
発生件数10,388件 前年より-41件
死者数75人 前年より+9人
負傷者数12,716人 前年より-122人

加害者は被害者を助ける義務があります。逃げることで罪を大きくしてしまいます。早い対処で助かる命もあるので、事故を起こしたら
①人命救助・安全確保
②警察・救急へ連絡
③保険会社へ連絡
をしてください。

十分気をつけていても 万が一ということがあります。被害者にも加害者にもならないのが1番です。
交通事故に合い、体の不調にお悩みの方はご相談だけでも構わないので日進駅南口駅前のコンディショニングラボ南口駅前接骨院にお声掛けください。
平成27年6月1日より道路交通法改正になり、自転車も厳しさが増しました。皆さんも注意が必要です。

当院の交通事故の施術についてはこちら

交通事故による通院・転院のご相談も受け付けております。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2017.05.25更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

食べる量を減らしているのに体重、体脂肪が落ちない。そんな状態に悩んでいませんか?それはもしかしたら、血糖値の乱降下が原因かもしれません。

○糖質の働き
 血糖は、血液中のブドウ糖のことです。私たちが生きていくためのエネルギー源は主に「糖質」、「脂質」、「たんぱく質」の3つですが、中でも「糖質」は最も効率が良い栄養源として全身で使われています。糖には、分子がひとつの単糖類と、複数の分子が結合した多糖類があり、分子が小さいほど体内への吸収スピードは早く、短時間での血糖値上昇が大きくなります。血糖は、体の機能を正常に保つ上で欠かせないエネルギー源なので、常にその量が一定の範囲内になるようコントロールされています。

○糖質が脂肪になる仕組み
 血糖の値を血糖値と言い、血糖値が上がった時に血糖値を下げる働きをするホルモンをインスリンと言います。インスリンの働きは以下の通りで、
 ・血液中の糖を全身の臓器に取り込みエネルギーとして使う。
 ・肝臓や筋肉でエネルギーの元になるグリコーゲンの合成を促進し、分解を抑制する。
 ・脂肪組織の中で脂肪を合成したり、脂肪の分解を抑制する。

などがあり、吸収スピードの速い糖(単糖類や、二糖類)を過剰に摂取すると、血糖値が急激に上がります。すると、血糖値を下げるためにインスリンが過剰に分泌され、血糖が細胞内に取りこまれることで、血糖値が急激に下がることがあります。この時、細胞内に取り込まれて使われなかった糖はインスリンの働きによって脂肪に合成され、体内の脂肪として蓄えられます。その結果、脂肪を燃焼する働きよりも、脂肪を合成して蓄える働きの方が優位になり、体脂肪が燃えにくい状況が生じてしまうのです。
 血糖値が急激に下がると脳はエネルギーが不足している状態だと勘違いして食欲を促し、次に入ってきた糖を再び体の組織に取り込もうとしてしまい、食べる量を減らしても単糖類や二糖類を多く摂っていると脂肪が燃えにくくなってしまう可能性があるのです。

脂肪を合成せず、燃えやすい環境を作るには、血糖値の乱降下が起こらないようにすることが重要といえます。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

前へ

スポーツをするすべての人を支えたい

日常生活でケガをした方はもちろん、肩こりや腰痛など

日ごろから身体の不調を感じている方も、お気軽にご相談ください

  • tel_048-669-7007.png
staff staff blog