院長の気ままブログ

2015.12.29更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

年齢を重ねると多少なりとも血管の年齢が衰えてきています。生活スタイルによっては衰えた血管にはダメージを与えてしまっているかもしれません。最悪の場合、死に至る病気を患ってしまうこともありえます。特に、寒い冬には、"ヒートショック"に注意が必要です。

○冬に多く見られる『ヒートショック』
 気温が下がる冬、特に12月・1月に増える事故に入浴中の突然死があります。大きな原因は、脱衣所とお風呂の温度差によって血圧が急激に上下し、心筋梗塞や脳梗塞、脳出血を引き起こしてしまうのです。この現象を『ヒートショック』と言います。
 冬は寒さで血行が滞りやすく、血圧が上昇しがち。高血圧、動脈硬化の人は、特にヒートショックを起こしやすいと言われています。

○ヒートショック予防には『ミネラル入り麦茶』が有効!
 研究結果によると、ミネラル入りむぎ茶を飲むことで「収縮期血圧」(最高血圧)と「拡張期血圧」(最低血圧)がいずれも低下するそうです。これらの血圧が下がったということは、血管が柔らかくなって心臓への負担が減少しているということを意味します。血管が硬くなる動脈硬化のリスクや、心臓の様々なトラブルを予防する効果が期待できると言えるそうです。また、血液がサラサラになる傾向も認められたため、血管の詰まりを防ぐ効果が期待できるそうです。

ミネラル入りむぎ茶は、血圧の乱高下で心臓に負担がかかり心筋梗塞などを招くヒートショックの対策におすすめな飲み物なんです。特に高血圧の方は積極的に飲むようにするといいかもしれません。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2015.12.28更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

老後を楽しむためには、健康寿命を延ばすことが大事です。体や脳を活性化して健康寿命を延ばすのにおすすめな趣味を紹介します。

○メタボ予防・改善になる「散歩&カメラ」
 カメラには新しい被写体との出会いや、自然とのふれあいによって、脳に刺激を与えることが出来ます。また、カメラを持って外を歩くことは、体を動かし足腰の筋肉や体力の維持・向上、メタボ予防・改善になる効果が期待できます。最近ではSNSでシェアすることにより、知り合いを増やすこともできます。

○認知症予防になる「料理」
 料理は、下ごしらえから完成までの工程を意識し、取り組む順序を決め、いくつかの作業を並行して進めていくことになるため、脳を活性化させる効果が期待できます。また、栄養素や健康効果を学ぶことにより脳へ刺激を与え、食材に含まれる栄養素のはたらきや食べ合わせによる健康効果によって、認知症だけでなく内臓機能を活性化させることもでき、メタボや生活習慣病の予防にも役立ちます。

○ストレス解消になる「映画・読書」
 普段感情を発散させていますか?笑ったり、泣いたりすることには、脳を活性化させたり、ストレスを解消したりする効果が期待できます。内容を理解したり、自分に置き換えて考えたりすることで脳の活性化に役立ち、コミュニケーションのきっかけも作れます。

趣味を持つことは、健康維持だけでなく、日々の生活を楽しく前向きにするのにも役立ちます。前向きに楽しんで生きていくことも健康寿命を延ばす大きな要因の1つなんです。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2015.12.28更新

おはようございます!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

12月27日現在の埼玉県の交通事故件数(本年1月1日からの累計)
発生件数28,981件 前年より-1,222件
死者数176人 前年より+4人
傷者数35,441人 前年より-1,470人

加害者は被害者を助ける義務があります。逃げることで罪を大きくしてしまいます。早い対処で助かる命もあるので、事故を起こしたら
①人命救助・安全確保
②警察・救急へ連絡
③保険会社へ連絡
をしてください。

十分気をつけていても 万が一ということがあります。被害者にも加害者にもならないのが1番です。
交通事故に合い、体の不調にお悩みの方はご相談だけでも構わないので日進駅南口駅前のコンディショニングラボ南口駅前接骨院にお声掛けください。
6月1日より道路交通法改正になり、自転車も厳しさが増しました。皆さんも注意が必要です。
12月は交通事故が増える傾向があります。気持ちに余裕を持って運転を心がけて下さい。

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2015.12.26更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

体にどんな症状があらわれると病院に行こうと思いますか?年齢を重ねるにつれ、ガンや心臓病、高血圧や動脈硬化、糖尿病など、さまざまな生活習慣病のリスクが高まります。健康でいるためには大きな病気になる前に体調を整える習慣づくりが大切です。

○病院に行くべき体の異変
・疲労の異変
 疲れが長引いたり、居眠りや集中力が欠けるなど、仕事や日常生活に支障をきたす。倦怠感が取れないなどがある場合、血中の老廃物が排出できずに溜まっている可能性や、血液がドロドロになっている可能性があります。甲状腺や肝臓などの病気が潜んでいたり、高血圧や動脈硬化を招く危険性もあります。
・咳の異変
 咳自体の異変や、長引く咳は、肺炎や結核、肺がんなどの肺機能の疾患の可能性があります。軽いカゼだと思っていたら病状が進行してしまったなんてことも起こりえます。
・胃の異変
 胃潰瘍や胃がんも、カゼや軽い腹痛と混同して見逃しやすい病の一つ。食事をしていて「いつもと違うな」と感じたら、まずは暴飲暴食を控えて内臓を休めましょう。それでも痛みや不調が取れない場合は、大きな病気を疑い、医師に相談することをおすすめします。

ガンや心臓病などは、命に関わる重大な症状へと進行してからでは手遅れになることもあります。疲れや内臓の異変に気付いたりしたら、重大な症状へと進む前に対策をしましょう!
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2015.12.25更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

突然の手の震えを感じたことありますか?すぐに治まってしまうこともあり、特に気にすることなくそのまま放置していることもあると思います。しかしその震え、もしかすると重大な病気の前兆かもしれないんです。

○これも手の震えの原因
・本態性震戦
 この病気は震え以外の症状が現れないのが特徴です。また、手以外にも声や頭が震えることもあります。現在の所、確かな原因はわかっていません。
・脳梗塞
 手の震えの中でも特に危険なのは動脈硬化によるものです。震えが数秒で治まるので安心してしまいがちですが、後になり脳梗塞や脳出血の発作を起こす危険があります。力が抜ける感じや、めまい、吐き気などを伴う震えは緊急を要します。
・パーキンソン病
 パーキンソン病はドーパミンという物質が減少することで起こります。じっとしている時に起こるのが特徴です。一般的に震えは片手から始まり、その後は片足へと広がっていくことが多いです。
・バセドウ病
 首の付け根が腫れ、手足が小刻みに震える場合はバセドウ病の可能性があります。バセドウ病は喉から甲状腺ホルモンが過剰分泌され起こります。女性に多いイメージですが、男性でも起こりえます。
・アルコール依存症
 アルコール依存症はお酒が途切れると手足の震えが止まらなり、お酒を飲むと止まるという症状がみられます。本人が自覚し、治療することが大切ですが、治療は長期間かかることもあります。
・書痙(しょけい)
 書痙は文字を書いている時だけ手が震えます。原因は精神的なものと考えられているため、ストレスをためないことが大切です。

これはほんの一部です。また、必ずしも症状がぴったり当てはまるというわけではありません。気になる場合は一度専門医に受診してみて下さい。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2015.12.25更新

おはようございます!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

12月24日現在の埼玉県の交通事故件数(本年1月1日からの累計)
発生件数28,662件 前年より-1,160件
死者数174人 前年より+8人
傷者数35,051人 前年より-1,402人

加害者は被害者を助ける義務があります。逃げることで罪を大きくしてしまいます。早い対処で助かる命もあるので、事故を起こしたら
①人命救助・安全確保
②警察・救急へ連絡
③保険会社へ連絡
をしてください。

十分気をつけていても 万が一ということがあります。被害者にも加害者にもならないのが1番です。
交通事故に合い、体の不調にお悩みの方はご相談だけでも構わないので日進駅南口駅前のコンディショニングラボ南口駅前接骨院にお声掛けください。
6月1日より道路交通法改正になり、自転車も厳しさが増しました。皆さんも注意が必要です。
12月は交通事故が増える傾向があります。気持ちに余裕を持って運転を心がけて下さい。

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2015.12.24更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

ロコモ(ロコモティブシンドローム)は近年話題になり、皆さんもご存知ですよね。ロコモは運動器が衰え、要介護になるリスクが高い状態を言います。将来寝たきりになる恐れもあるんです。

○ロコモの前兆は60~70代にあらわれる
 60~70代では、40代と比べて「足の筋力の低下」や「握力の低下」、「腕の筋力の低下」が気になる方が高い割合を占めるそうです。また5年前と比べて体に起きていることでは60~70代は、「足腰が弱くなった」、「つまずくことが多くなった」、「片足立ちで靴下がはけない」などの回答が3割を超えるそうです。これらはロコモティブシンドロームの疑いがある症状です。歳だからではなく、しっかりと対策する必要があるんです。

○冬は転倒・つまづきが最も多い
 最も転びやすい季節・最もつまづきやすい季節は冬だと感じる方が7割ほどいるそうです。圧倒的に一番危険な季節といえるかもしれません。冬は路面が凍って滑りやすくなる、体内の血中ビタミンD濃度が低くなるなど、様々な要因により、高齢者の転倒リスクが高くなるそうです。さらに、夏は食欲が低下することも多いため、筋肉の維持・合成に必要なたんぱく質などを十分に摂れないまま冬を迎える人も多いのだとか。これも冬に転倒やつまずきが増える原因にもなるそうです。

○ロコモ予防にはたんぱく質とビタミンDの摂取が大事
 転倒が原因となり、寝たきりになってしまうというケースは、実際多く見られます。転倒リスクを軽減するためにはしっかりした筋肉が必要です。筋肉を作るために必要なのは、たんぱく質やビタミンDを適切に摂取すること。それがロコモ予防には欠かせません。さらに適度な運動で骨や筋肉に刺激を与えることも重要です。

ロコモティブシンドロームは誰にでも起こるリスクがあります。リスクを減らすために40~50代のうちから筋力をつけたり、しっかりと栄養を摂取しておくことが重要になります。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2015.12.24更新

おはようございます!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

12月23日現在の埼玉県の交通事故件数(本年1月1日からの累計)
発生件数28,459件 前年より-1,174件
死者数173人 前年より+7人
傷者数34,922人 前年より-1,421人

加害者は被害者を助ける義務があります。逃げることで罪を大きくしてしまいます。早い対処で助かる命もあるので、事故を起こしたら
①人命救助・安全確保
②警察・救急へ連絡
③保険会社へ連絡
をしてください。

十分気をつけていても 万が一ということがあります。被害者にも加害者にもならないのが1番です。
交通事故に合い、体の不調にお悩みの方はご相談だけでも構わないので日進駅南口駅前のコンディショニングラボ南口駅前接骨院にお声掛けください。
6月1日より道路交通法改正になり、自転車も厳しさが増しました。皆さんも注意が必要です。
12月は交通事故が増える傾向があります。気持ちに余裕を持って運転を心がけて下さい。

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2015.12.22更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

27年も残すところ1週間近くになりました。ですが、早くも恐怖の花粉の予測が出始めました。。。どうなるでしょうか?

○2016年のスギ花粉飛散状況は?
 花粉量予想は前年の天候と例年の傾向から予想できるそうです。全国的に花粉量が前年並みか前年よりやや多く、かつ例年並みか例年より少ない地域が多いと予想されています。
・北海道:スギ・ヒノキはありません(シラカンバはありますが、前年よりやや少なく、例年より非常に少ない)
・東北:前年比の約80%で、例年よりやや多い
・関東:前年比の約100%で、例年よりやや少ない
・東海・中部:前年比の約80~130%で、例年よりやや少ない
・近畿:前年比の約120%で、例年よりやや少ない
・中国:前年比の約90%で、例年より少ない
・四国:前年比の約150%で、例年より少ない
・九州:前年比の約160%で、例年より少ない
地域差はありますが、前年と比較すると、東日本ではやや少なく、西日本ではやや多く、例年と比較すると、東日本ではやや多く、西日本ではやや少ないようです。

○2016年の花粉飛散量は2015年の夏の気候が影響する
 スギの発育は夏の気候条件に左右され、主に日照時間・最高気温・降水量の影響を受けます。気温が高く、日照時間が多く、雨が少ないと、スギ花粉飛散数が多くなります。前年の7~8月初めの気象条件が重要です。気温は、東北地方や関東地方で高く、台風の影響があった近畿地方から西側では低く、東海・中部地方では気温の高い時期と低い時期があり平年並みとなりました。日照時間は、東日本で平年並みで、西日本では少なくなりました。降水量は、北海道と東北で少なく、近畿の太平洋側では多く、その他の地域は例年並みでした。このように2015年の夏の気候で判断すると、スギ花粉は東北地方以外で少なくなる傾向にねるそうです。

花粉症には花粉症飛散状況に応じた早めの対策が必要です。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2015.12.22更新

おはようございます!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

12月21日現在の埼玉県の交通事故件数(本年1月1日からの累計)
発生件数28,345件 前年より-1,178件
死者数171人 前年より+5人
傷者数34,673人 前年より-1,433人

加害者は被害者を助ける義務があります。逃げることで罪を大きくしてしまいます。早い対処で助かる命もあるので、事故を起こしたら
①人命救助・安全確保
②警察・救急へ連絡
③保険会社へ連絡
をしてください。

十分気をつけていても 万が一ということがあります。被害者にも加害者にもならないのが1番です。
交通事故に合い、体の不調にお悩みの方はご相談だけでも構わないので日進駅南口駅前のコンディショニングラボ南口駅前接骨院にお声掛けください。
6月1日より道路交通法改正になり、自転車も厳しさが増しました。皆さんも注意が必要です。
12月は交通事故が増える傾向があります。気持ちに余裕を持って運転を心がけて下さい。

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

前へ

スポーツをするすべての人を支えたい

日常生活でケガをした方はもちろん、肩こりや腰痛など

日ごろから身体の不調を感じている方も、お気軽にご相談ください

  • tel_048-669-7007.png
staff staff blog