院長の気ままブログ

2018.12.15更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!

コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

 

引き締まったボディは1日にしてならず。意識的に運動で筋力をキープ&アップすることが大事です。運動をないがしろにすると…

 

○身体の変化に気づかないふりをすると…

 運動をないがしろにすると、10年ごとに筋肉は5パーセントずつ失われていくと言われ、女性は平均、35歳以後10年ごとに0.9キログラムの筋肉を失います。筋肉は脂肪を燃焼させる大事な役割があり、0.45キログラムの筋肉は1日75~150キロカロリーを消費すると言われています。つまり、意識的に筋力を維持しないと、10年ごとに150~300キロカロリー消費できずに、脂肪が溜まっていくのです。筋肉を維持するための運動は、1週間に3回、各10分実践が目安と言われています。

 

筋肉を維持するためには自分の体重を抵抗とする自重トレーニングで十分効果を得られます。

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2018.12.14更新

おはようございます!さいたま市日進駅南口目の前30秒!

コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

 

12月13日現在の埼玉県の交通事故件数(本年1月1日からの累計)

発生件数22,495件 前年より-2,092件

死者数166人 前年より-4人

負傷者数27,109人 前年より-2,898人

 

加害者は被害者を助ける義務があります。逃げることで罪を大きくしてしまいます。早い対処で助かる命もあるので、事故を起こしたら

①人命救助・安全確保

②警察・救急へ連絡

③保険会社へ連絡

をしてください。

 

十分気をつけていても 万が一ということがあります。被害者にも加害者にもならないのが1番です。

交通事故に合い、体の不調にお悩みの方はご相談だけでも構わないので日進駅南口駅前のコンディショニングラボ南口駅前接骨院にお声掛けください。

平成27年6月1日より道路交通法改正になり、自転車も厳しさが増しました。皆さんも注意が必要です。

 

当院の交通事故の施術についてはこちら

 

交通事故による通院・転院のご相談も受け付けております。

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2018.12.14更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!

コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

 

「腸腰筋」がどこにあるかご存知ですか?腸腰筋は、股関節の動きや運動のパフォーマンスと密接に関わるインナーマッスルです。運動不足の人は要注意!

 

○腸腰筋って?

「腸腰筋」は、上半身と下半身を結ぶインナーマッスルの筋肉群を指します。腰背部の「大腰筋」や、骨盤内部の「腸骨筋」などが含まれ、日常生活の動作をサポートする「見えない働きもの」とも言える筋肉です。股関節や骨盤の動きと密接に関わっており、歩かない、走らない、しゃがまないといった運動不足の状態に陥ると、必然的に腸腰筋が衰えていきます。

 腸腰筋が衰えるということは、日常生活のあらゆる活動を支える「動作の土台」が弱まるということです。結果、股関節の動きが悪くなり、運動のパフォーマンスが落ちたり、腰や膝に無理な動きを強いることで、痛みが出やすくなるなどの悪影響も想定されます。

 

日常生活においても、階段の上り下りやサイクリングなどを通じて腸腰筋を鍛えることができます。普段あまり意識することのない腸腰筋を活性化させましょう!

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2018.12.13更新

おはようございます!さいたま市日進駅南口目の前30秒!

コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

 

12月12日現在の埼玉県の交通事故件数(本年1月1日からの累計)

発生件数22,434件 前年より-2,060件

死者数166人 前年より-4人

負傷者数27,035人 前年より-2,861人

 

加害者は被害者を助ける義務があります。逃げることで罪を大きくしてしまいます。早い対処で助かる命もあるので、事故を起こしたら

①人命救助・安全確保

②警察・救急へ連絡

③保険会社へ連絡

をしてください。

 

十分気をつけていても 万が一ということがあります。被害者にも加害者にもならないのが1番です。

交通事故に合い、体の不調にお悩みの方はご相談だけでも構わないので日進駅南口駅前のコンディショニングラボ南口駅前接骨院にお声掛けください。

平成27年6月1日より道路交通法改正になり、自転車も厳しさが増しました。皆さんも注意が必要です。

 

当院の交通事故の施術についてはこちら

 

交通事故による通院・転院のご相談も受け付けております。

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2018.12.13更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!

コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

 

冬も脱水症状になることがあるのを知っていますか?脱水症状は動脈硬化を促進させ、脳卒中や心筋梗塞の引き金にもなりかねないので注意して下さい。

 

○冬の脱水症の主な原因

 ・失う水分が多くなる。冬の「暖房」

  外気の乾燥、エアコンや暖房の使用による室内の乾燥、住宅の気密性により湿度が低い状態になります。湿度が低く乾燥していると、皮膚や粘膜、呼気などから自然と失う水分が増えます。

 ・「こたつ」や「電気カーペット」

  熱がこたつの中にこもるので、低温でもかなりの水分が奪われています。こたつは足、電気カーペットはお尻と、特定の部分のみに汗をかくことも多く、これは“隠れ脱水”をさらに助長するのです。

 ・長湯をしたくなる冬の「お風呂」

  冬場の脱水の意外な原因としては、入浴があげられます。お風呂に入っている時は、個人差はあれど、汗をかいて水分を失っています。かくれ脱水のままお風呂に浸かると「浴室熱中症」を引き起こすリスクがあるんです。

 ・年末年始に多くなる「冬の飲酒」

  アルコールによる血管拡張や利尿作用で、脱水症状や血圧低下も起こりやすくなります。

 

「冬脱水」を引き起こすウイルス感染症には感染性胃腸炎とインフルエンザがあります。脱水症状は動脈硬化を促進させ、脳卒中や心筋梗塞の引き金にもなりかねないので注意して下さい。

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2018.12.12更新

おはようございます!さいたま市日進駅南口目の前30秒!

コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

 

12月11日現在の埼玉県の交通事故件数(本年1月1日からの累計)

発生件数22,374件 前年より-2,035件

死者数165人 前年より-3人

負傷者数26,969人 前年より-2,836人

 

加害者は被害者を助ける義務があります。逃げることで罪を大きくしてしまいます。早い対処で助かる命もあるので、事故を起こしたら

①人命救助・安全確保

②警察・救急へ連絡

③保険会社へ連絡

をしてください。

 

十分気をつけていても 万が一ということがあります。被害者にも加害者にもならないのが1番です。

交通事故に合い、体の不調にお悩みの方はご相談だけでも構わないので日進駅南口駅前のコンディショニングラボ南口駅前接骨院にお声掛けください。

平成27年6月1日より道路交通法改正になり、自転車も厳しさが増しました。皆さんも注意が必要です。

 

当院の交通事故の施術についてはこちら

 

交通事故による通院・転院のご相談も受け付けております。

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2018.12.12更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!

コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

 

秋から冬へと寒い季節になると肩こりが悪化する人がいます。皆さんはどうでしょう?冬になると肩こりが悪化する人の共通点もあるんです。

 

○肩こりとは?

 実は、多くの人が不調として感じている「肩こり」に医学的な明確な定義はありません。一般的には、頭頸部や腕を安定させる肩甲骨周辺、頸部などの筋肉にこわばりや鈍痛など違和感のある状態を「肩こり」の症状と考える人が多いと思います。これらの筋肉の血行不良を引き起こす肩こりの原因は多様です。

 

○冬になると肩こりが悪化する人の共通点

 元々緊張とリラックスのバランスを保つ「自律神経」のはたらきが乱れがちな人は、肩こりを誘発させるものの影響を受けやすいです。次の項目に当てはまる方は注意して下さい。

 ・ 寒い季節になると倦怠感、眠気が強まる

  秋から冬にかけ、特に日照時間の影響が心身状態へ表れやすくなると言われています。活動の低下、運動不足、自律神経系の乱れなどが続き、血行の滞りが生じると肩こり症状が強まる可能性も考えられるのです。

 ・急な気温低下に対して、防寒対策が十分でない

  急激に寒くなる日や、暖かな日と肌寒い日が交互にやってくるような期間が、季節の変わり目にはみられます。冬服の準備が遅れたり、寒さ対策が十分でなかったりすると、1日寒さを我慢しながら過ごすことになります。このような場合、一時的に肩こりや緊張型の頭痛に見舞われることがあります。

 ・寒いときに腕組み・猫背の姿勢を取ってしまう

  寒さを感じた時に、寒い寒いと体の前で腕を組んだり、背を丸めて寒さに耐えるような姿勢を取っていませんか? 無意識にこれらの姿勢を繰り返していると、肩や首周辺のこわばりにつながります。身を縮こませるような姿勢が習慣化すると、体がリラックスできにくくなるため、肩こりが悪化しやすくなってしまいます。

 ・屋外や、寒い職場、室内で過ごすことが多い

  屋外での仕事が多い人はもちろん、寒さを感じる環境の場合は、屋内であってもしっかり対策することが大切です。

 ・夏の間に食欲不振に悩んでいた

  夏の暑さで胃腸の調子が乱された人もいるかと思います。夏バテで偏食になり、バランスよい食事ができないと、冷え体質に傾き、筋肉のコリを生じやすい状態になってしまうことがあります。

 

肩こりの原因となっている箇所を意識的に動かした方が、肩こり緩和に有効な場合があります。

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2018.12.11更新

おはようございます!さいたま市日進駅南口目の前30秒!

コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

 

12月10日現在の埼玉県の交通事故件数(本年1月1日からの累計)

発生件数22,314件 前年より-2,016件

死者数165人 前年より-2人

負傷者数26,900人 前年より-2,815人

 

加害者は被害者を助ける義務があります。逃げることで罪を大きくしてしまいます。早い対処で助かる命もあるので、事故を起こしたら

①人命救助・安全確保

②警察・救急へ連絡

③保険会社へ連絡

をしてください。

 

十分気をつけていても 万が一ということがあります。被害者にも加害者にもならないのが1番です。

交通事故に合い、体の不調にお悩みの方はご相談だけでも構わないので日進駅南口駅前のコンディショニングラボ南口駅前接骨院にお声掛けください。

平成27年6月1日より道路交通法改正になり、自転車も厳しさが増しました。皆さんも注意が必要です。

 

当院の交通事故の施術についてはこちら

 

交通事故による通院・転院のご相談も受け付けております。

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2018.12.11更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!

コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

 

痛みは体の異常を知らせてくれるサインですが、痛みを感じる部分が悪い部分とは限りません。例えば内臓の病気が原因となっているケースもあるんです。

 

○関連痛とは

 結びつきにくいかもしれませんが、腰痛や背中に出る痛みや張り感の中には、実は、内臓疾患が原因で起こるものがあります。内臓疾患の痛みが内臓から離れた部位に出てしまうのです。これは「関連痛」と呼ばれます。

 内臓や骨、関節周囲の深部にある組織から、脳へ痛みを伝える神経の経路と、皮膚からの痛みの情報を伝える経路が同じであると、内臓による痛みが特定の皮膚を過敏に感じさせることがあります。痛みが脳へ伝達される時に、交感神経系や運動神経にも影響を及ぼすことで、発汗が見られたり、特定の筋肉の収縮、血流が低下するなどして、こりや張り感、痛みを起こすことになります。このように、内臓からの刺激と皮膚からの刺激を勘違いしてしまう働きがあります。各内臓と収縮する筋肉の関連性などが、離れた部位にこりや痛みを起こす「関連痛」の仕組みとなります。

 

○こんな臓器が影響することも

 腰や背中へ症状が起こりうるケースでは、腹部の後ろ側にある筋肉が収縮するのですが、一般的な腰痛でも緊張して硬くなりやすい「骨盤を引き上げる作用のある筋肉」や「股関節を曲げたり腰部、骨盤を安定させる筋肉」にも影響を及ぼす可能性があります。腰部と関連の深い臓器は、子宮や卵巣、腎臓などがあり、背中や脇腹では、胃、胆のう、膵臓などがあります。

 

内臓の病気かもしれないと不安感ばかりが高まり、症状が悪化してしまう場合もありますので注意して下さい。

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

2018.12.10更新

おはようございます!さいたま市日進駅南口目の前30秒!

コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

 

12月9日現在の埼玉県の交通事故件数(本年1月1日からの累計)

発生件数22,224件 前年より-2,019件

死者数164人 前年より-3人

負傷者数26,794人 前年より-2,820人

 

加害者は被害者を助ける義務があります。逃げることで罪を大きくしてしまいます。早い対処で助かる命もあるので、事故を起こしたら

①人命救助・安全確保

②警察・救急へ連絡

③保険会社へ連絡

をしてください。

 

十分気をつけていても 万が一ということがあります。被害者にも加害者にもならないのが1番です。

交通事故に合い、体の不調にお悩みの方はご相談だけでも構わないので日進駅南口駅前のコンディショニングラボ南口駅前接骨院にお声掛けください。

平成27年6月1日より道路交通法改正になり、自転車も厳しさが増しました。皆さんも注意が必要です。

 

当院の交通事故の施術についてはこちら

 

交通事故による通院・転院のご相談も受け付けております。

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

前へ

スポーツをするすべての人を支えたい

日常生活でケガをした方はもちろん、肩こりや腰痛など

日ごろから身体の不調を感じている方も、お気軽にご相談ください

  • tel_048-669-7007.png
staff staff blog