院長の気ままブログ

2018.12.07更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!

コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

 

運動習慣はありますか?厚生労働省の調査では「20代~40代女性の8割」が運動不足と発表されています。習慣づけるためにはどうすればいいのでしょうか?

 

○20~40代女性の7割が運動不足

 健康的な生活を送るためには欠かせないのは運動習慣をつけることです。一般的に「運動習慣がある」とは、「1回30分以上の運動を週2回以上実施し、1年以上続けている」ことを指します。厚生労働省が毎年実施している国民健康・栄養調査では、運動習慣のある人の割合は男性で 35.9%、女性で28.6%だったそうです。年齢階級別にみると、その割合は30歳代男性で14.7%、20歳代女性で11.6%と最も低く、深刻な運動不足がうかがえます。

 

○痩せる必要はある?

 BMIが18.5 kg/㎡を下回る「やせ」の割合は男性 4.0%、女性 10.3%ですが、20歳代女性のやせの割合は 21.7%と多く、太っていないのにやせようとする女性が多く、その方法も運動ではなく極端な食事制限など健康に支障のあるものを選ぶ傾向にあるとも言えるでしょう。

 

○運動を習慣化するコツ

 運動をはじめることは比較的簡単に取り組むことができます。ただ始めたものの、続けていくことがむずかしいと感じる人は多いのではないでしょうか。そんな運動習慣をうまく定着させるためのコツは、

 ・目に見える結果をつくる

  継続するコツとしてまずあげられるのが、「数字」をうまく利用するということ。体重減量に取り組むのであれば、毎朝体重を記録してそれをグラフ化する、またウオーキングに取り組むのであれば歩数計などを携帯し、毎日歩いた歩数を書き残しておくとよいでしょう。

 ・小さな達成感を励みにする

運動量も始めは物足りないかなと思うくらい、少なめに。ほんの5分、10分の積み重ねが運動習慣を定着させるのです。少しの運動を長く続けること、トータルでの運動量を考えるようにしましょう。目安としては1週間単位がわかりやすいと思います。

 ・日常の習慣や他人との約束ごとと結びつける

  同じ運動を続けるのでも仲間がいればさらに効果的。一緒に運動する日時などを約束するとどうしても参加しなければならなくなりますし、話しながらできる程度の運動強度であれば何より楽しく続けられます。仲間と運動の成果を報告しあうことで自らのモチベーションアップにもつながるのです。

 ・楽しみと結びつける

  自分なりに運動習慣の計画を立て、1週間続けられたらなど期間を決めて、自分へのごほうびを用意しておくとやる気がかなりアップします。 ごほうびのために運動することも、運動を始める段階では効果的な方法です。

 

楽しみながら運動をすることで心身ともに健康的な生活を送りましょう。

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

スポーツをするすべての人を支えたい

日常生活でケガをした方はもちろん、肩こりや腰痛など

日ごろから身体の不調を感じている方も、お気軽にご相談ください

  • tel_048-669-7007.png
staff staff blog