院長の気ままブログ

2018.07.11更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!

コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

 

暑い時期になると汗が気になりますよね。あまり汗をかかないように気をつけている方も多いかと思いますが、実は汗をかかないというのは様々なリスクを伴います。

 

○暑い時に汗をかくのはとっても自然なこと

 暑いと汗が出る、体を動かすと汗が出るのはごく自然なことです。体内の水分を蒸発させることで、体温の上昇を抑えることができるので、体にとっては必要なことなんです。

 

○暑い時に汗をかかないのはちょっと危険なサインかも

 汗が出ないことは様々な危険な症状を引き起こすことがあります。暑いのに汗をかかないというのは異常なことで、様々な障害を引き起こします。

 

○汗をかきにくいと危険が

 ・熱中症になりやすい

  人間は汗をかくことで、熱を放散し、適切な体温を維持しています。汗をかけないと熱がこもって体温の上昇が抑えられずに熱中症が重症化しやすいのです。

 ・冷え性になりやすい

  汗が出ないということは体内に不要な水分が蓄積するということ。血流が悪くて体が冷えているため汗をかかず、水分が十分に排出されていない人は体に不要な水分がたまり、冷えやすくなってしまうんです。

 ・太りやすい体質に

  汗をあまりかかない、または汗をかきにくい=代謝が悪い証拠と言えます。汗をかかない状態が続き代謝機能が低下すると、エネルギー消費がされにくく太りやすい体質となってしまいます。

 ・体臭の原因に

  汗をかかない生活が続くと、汗腺に老廃物が溜まりやすくなり、それが汗と一緒に排出されると臭う汗となり、体臭の原因となります。臭いから嫌といって汗をかかないと能動汗腺が少なくなって濃度の高い悪い汗になり、ますますにおいの強い汗になります。

 

最近では、冷房の普及で汗をかく機会自体も減り、汗をかかずに夏を過ごすことも珍しくなくなりました。日頃からなるべく汗をかくように工夫しましょう。

大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

スポーツをするすべての人を支えたい

日常生活でケガをした方はもちろん、肩こりや腰痛など

日ごろから身体の不調を感じている方も、お気軽にご相談ください

  • tel_048-669-7007.png
staff staff blog