院長の気ままブログ

2017年11月24日 金曜日

骨を強くする栄養

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

骨折、中でも疲労骨折は同じ箇所に、衝撃が繰り返し加わることで発生します。疲労骨折はなりやすい人、なりにくい人がいるのですがその違いは骨の質にあります。

○骨の3つの特性
 ・骨の柔軟性
 ・骨の弾力性
 ・骨の可塑性


○特性が低下する原因
 特性が低下する原因は、年齢・運動不足・栄養不足です。

○強い骨にするために
 カルシウムを支え骨内に定着させる働きを持っている「ファイバープロテイン」とも呼ばれている特殊な繊維状のたんぱく質を、骨たんぱく質といいます。この骨たんぱく質を増やすためには、「I型コラーゲン」の生成を高めてあげるのが効果的です。コラーゲンを摂取すると胃や小腸で分解されて吸収されます。その後体内で再合成されるのですが、その際に必要なのが「ビタミンC」「ビタミンB群」です。コラーゲンだけでなくこれらの栄養素を一緒に摂取することが大切です。

○コラーゲンが多く含まれる食材
 牛すじ・モツ・レバー・鶏皮・手羽先・軟骨・フカヒレなどの食材が代表的ですが他にも魚の皮や骨にも多く含まれています。1日の目安摂取量は5,000~10,000mgと言われ、日本人は平均的に足りていないと言われています。

骨折になりにくい体づくりや、早期回復するためには、食事で骨の質を高めることも大切になります。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30