院長の気ままブログ

2017年10月 4日 水曜日

鼡径部痛症候群(グロインペイン症候群)とは

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

先日復帰まで時間のかかるケガを5つ紹介しましたが、それぞれをもう少し細かく説明していきます。

○鼡径部痛症候群(グロインペイン症候群)とは?
 グロインペイン症候群は内股の部分が痛むケガです。鼡径周辺部の痛みは、痛みの原因を診断することが難しく、症状が慢性化、長期化して復帰に長時間要することがあるといわれています。慢性的な症状であり、キック動作があるサッカーやアメフトに多いケガです。キックのフォームだけでなく、全身の連動性に関して関わってくるため、明確なケガのきっかけがないのが特徴です。症状によっては、痛みが短期間で消失する選手もいれば、長期化する選手もいるので注意してください。

○鼡径部痛症候群(グロインペイン症候群)を予防する
 グロインペイン症候群を予防するには、上半身と下半身の可動性を獲得することが優先です。その後に、股関節伸筋群(お尻やもも裏)の強さを強化することをおこなうことで、最後に連動させることを学習させていくようにしましょう。

鼡径部痛症候群(グロインペイン症候群)の復帰の目安は、個人差があり、決まったものはないのが現状です。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31