院長の気ままブログ

2017年9月12日 火曜日

痩せない体をつくるNG習慣

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

食事制限、運動など頑張っているのに結果が出ない...それは、体が痩せやすい状態ではないからかもしれません。こんなNG習慣をしていませんか?

○睡眠不足は痩せへの大敵
 私たちの体は、寝ている間にも体温を保つために、脳や筋肉、内臓など身体中の機能が働いています。この働きの元となるのが脂肪。エネルギーは脂肪を燃焼してつくられているのです。睡眠時間が十分に取れていないと、脂肪を燃焼する働きも低下してしまいます。
 また、睡眠は日中の疲労を回復する働きがあります。十分に睡眠が取れていないと翌日に疲れが残ってしまいます。体の機能が活発に働かず、運動の効果が十分に得られなかったり、消化機能が働かず脂肪を蓄積してしまうことも。睡眠不足とダイエットとの関係は非常に深いんです。

○食事抜きはよけいに太る
 食事を抜くと安易な考えでダイエットを行う人は多いもの。でも、下手すれば逆に太ってしまうかもしれない危険な行為です。食事が極端に少なかったり食事を抜いたりすると、体が次にいつ栄養が入ってくるかわからないという反応をし、次の食事で得た栄養を必要以上に溜め込もうするのです。

○「サラダが主食」は太りやすい体への第一歩
 実は、サラダは太りやすい体をつくってしまう要因と言われているのをご存知でしょうか? レタスやキャベツなど、葉野菜はヘルシーですし脂肪となる成分も少ないのですが、問題はサラダを主食とすることにあります。
サラダは、エネルギーの元となる炭水化物などの栄養素が極端に少なく、基礎代謝が落ちてしまいます。代謝が落ちると筋肉が減り、体を動かす機能も低下。エネルギー消費が落ちてしまい、運動をしても効率よく脂肪を燃焼させることができなくなってしまうのです。また、栄養分が少ないことで、体が必要以上に栄養を溜め込んで、それが脂肪に。ヘルシーなサラダをメインに食べ続けることで、結果的に太りやすい体に導いてしまっているんです。

太りやすい体質にならないようにするには、睡眠と1日の基礎代謝に必要十分な栄養をきちんと摂取することなんです。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30