院長の気ままブログ

2017年6月26日 月曜日

カッコいい腹筋をつくるための食事

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

最近は男性だけではなく、女性でも割れた腹筋に憧れる方が増えました。割れた腹筋をシックスパックといますが、腹筋をしていればつくものではないのです。今回は食事についてまとめてみました。

○たんぱく質を基準よりも多く摂る
 腹部の筋肉を大きくする為には、トレーニングでの刺激と栄養補給が重要です。特に摂取したいのはたんぱく質!たんぱく質は筋肉を生成してくれる栄養素です。摂取目安としては、体重1kgに対し、たんぱく質2gを摂取。最低でも体重1kgに対し、1gを摂取しましょう。

○運動前に炭水化物を摂取する
 トレーニングで十分な刺激を与えるには、エネルギーが必要になります。また、エネルギーが不足している状態でトレーニングを行ってしまうと、筋肉を分解する作用が働いてしまうのです。このことから、運動前にはしっかりと食事を摂取した方がいいのです。

○運動後にたんぱく質&炭水化物を摂取する
 運動後はエネルギーを消費している状態なので、しっかりと栄養補給をしていきましょう。たんぱく質を摂るのと同時に炭水化物を摂取することをおすすめします。炭水化物も摂取した方が、たんぱく質の合成が高まるからです。

○カロリーを気にしよう
 お腹の筋肉を成長させても、脂肪が覆いかぶさっていては凹凸のあるシックスパックにはなりません。お腹の脂肪を減らすためにも、摂取カロリーを気にするようにしましょう。

食事は、タイミング・食事の質・食事の量を気にするようにしましょう。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31