院長の気ままブログ

2017年6月 1日 木曜日

女性アスリートの三主徴(FAT)がもたらす影響

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

摂食障害、運動性無月経、骨粗しょう症の3つは相互に関連し、女性の身体的コンディションに大きく影響します。特に体重を減らしたいと考えている女性は必要以上に食事制限をしていないか、運動強度は適切かといったことを日頃からチェックするようにしましょう。

○短期的な影響
 ・競技パフォーマンスの低下
 ・慢性的な疲労状態(オーバートレーニング)
 ・脱水症状
 ・血液中の電解質バランスが崩れる
 ・競技に対する集中力やモチベーションの低下
 ・睡眠不足
 ・情緒不安定、うつ症状
など

○長期的な影響
 ・思春期発達の遅れ(10代の低身長)
 ・除脂肪体重の減少(脂肪から分泌されるレプチンが不足し無月経を引き起こす)
 ・オーバーユース(使いすぎ)によるスポーツ障害の完治が遅い
 ・疲労骨折
 ・本格的な摂食障害(神経性食欲不振症、神経性過食症)
 ・栄養欠乏症(鉄欠乏性貧血等)
 ・骨粗しょう症の早期発症
など

過度な食事制限や長期的に続く激しい運動は自分自身の将来的な健康を脅かすことを理解しておいてください。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31