院長の気ままブログ

2017年3月 2日 木曜日

IT化が生んだテクノストレス

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

IT化は、大きな利便性や快適性といった数々の恩恵とともにテクノストレスという精神的な弊害ももたらしてしいます。そのテクノストレスとは?

○テクノストレスとは?
 テクノストレスとは、コンピュータ作業をする人に共通して見られる、特有の精神的な症状を指します。パソコンをうまく扱うことができずにストレスを溜めてしまうテクノ不安症と、パソコンに没頭しすぎて起こるテクノ依存症に大別されます。またこの2種類では説明しきれない新しいタイプも出てきているのだとか。

○テクノ不安とは?
 テクノ不安とは、コンピュータ操作の技能不足から生じる不安感などから、コンピュータに対して嫌悪感を抱いてしまい、症状が進むとうつ病や神経症などを引き起こす病態のことです。症状は頭痛やめまい、動悸などを訴える人も多く、以前よりも短気になった、悪夢を見るようになった、強い絶望感に悩まされるなどがあります。

○テクノ依存とは?
 テクノ依存とは、コンピュータに中毒的に没頭することで人間的な感性が乏しくなり、機械的な思考をするコミュニケーションが苦手な人間性を作り上げてしまう病態のことです。テクノ不安と違い、自覚することがなく苦痛もともなわないため、気づきにくいのです。

パソコンやスマートフォンに向かう生活があたり前になっていますが、テクノストレス解消のためには離れる時間を作ったりすることが重要です。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30