症状ブログ

2017年2月28日 火曜日

肉離れを早く治すコツは動かさないこと!

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

普段運動していない方が運動をすると、一度は経験することのある肉離れ。肉離れを甘く見てると大変なことになることもあるので注意して下さい。

○筋肉痛と肉離れはまったく違う
 筋肉痛は一度は経験ありますよね。体が満足に動かせない程の激しい筋肉痛でも、2~3日安静にしていれば楽になってきますよね。筋肉痛とは別に、筋肉が壊れてしまってその瞬間からものすごく痛くなる時ありませんか?特に急に走ったときや、疲れているときに全力疾走した時に起きやすく、太ももとふくらはぎの筋肉が壊れることが多いのです。肉離れが起きたら、走ることはもちろん、足を上げることすら痛くてできなくなります。

○肉離れになったら動かさない!
 肉離れが多く起きるのが太ももやふくらはぎですが、肉離れになったら足を動かさないのが一番なのです。ただ、日常生活では難しいですよね。なので、できるだけゆっくりと足を動かすように行動して下さい。
 また、1週間くらいすると痛みも楽になってきて、大丈夫になったような感じが出てきますが、それは間違いなんです。肉離れが完治するには1か月程度かかると思って下さい。治りかけの時に運動してしまうと、また再発してしまい、症状も酷くなりやすく、完治まで時間がかかるようになります。

○肉離れになったら
 肉離れになったら、包帯やサポーター等をして痛い部分を軽く圧迫します。そうすることで痛みの原因となる物質がたまらずに分散され、血液の流れを良くし、傷ついた部分が再生するのを早めるのです。

肉離れは筋肉痛と違い、長い期間を必要します。無理をすると筋断裂といって強い痛みが起きるようになってしまうこともあるんです。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院