院長の気ままブログ

2017年2月25日 土曜日

脳も筋肉も欲している!ブドウ糖の役割

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

糖=太るもの・余分なもの、と考え避けてはいませんか?運動をしている方も、たんぱく質に比べるとおろそかになりやすいですよね。糖、特にブドウ糖は体にとって重要な役割を果たすんです。

○ブドウ糖の効果
 ブドウ糖は脳をはじめ、筋肉などを正常に動かす為に使われています。中でも脳を正常に働かせるには、最もブドウ糖が大切な役割を持っています。またスポーツをする時、体は酸素を使ってブドウ糖を分解し、エネルギーを作り出します。ブドウ糖が不足すると疲労度も増すとされています。
 最近の研究では、運動の休憩中に砂糖を摂取すると、休憩後に持久力が増すことも判明しました。さらに、運動した後にたんぱく質(アミノ酸)を砂糖と一緒に摂ると、体の筋肉合成や骨の強度を増すのに、効果的であることがわかっています。

エネルギー回復や筋肉増強に、糖の摂取の仕方が重要なキーポイントになっているんです。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31