院長の気ままブログ

2017年2月16日 木曜日

骨盤に悪影響を与えてしまう習慣

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

皆さんもよく耳にする「骨盤」。骨盤は体の中でもとても重要な部位。日常的な動作も何気ない姿勢もすべて骨盤の安定性が関係しています。気づかないうちに骨盤に悪影響を及ぼす姿勢や動作をしていませんか?

○骨盤に悪影響を与えてしまう習慣
 ・意外と大きいいつもの歩き方の影響
  腰痛持ちの方でも良く動き回っているのに...と思っている方も少なくはないと思います。実は、「動いているわりには運動不足である」という人がとても多いのです。「動いているつもり」になっていることが、意識的に全身運動を行う機会を無くしているともいえるかもしれないのです。
 ・姿勢で骨盤がアンバランスに
  体を動かしているように見える方でも、腰痛に関連する筋肉がほぐれるように体を動かしているとは限りません。もともと腰への負担がかかっている人であれば、なにをしていても、何かのきっかけで腰痛を感じるようになる可能性があるのです。
 ・ぽっこりお腹で骨盤が動かしにくくなる
  お腹がポコっと出て脂肪がついた感覚に見舞われたら、お腹や腰回りが冷えやすくなっているサインです。姿勢や腰を支えている筋肉が、しっかりと動かせて、きちんと機能していれば、「ぽっこりお腹」にはなりにくく、健康的な血流によってお腹・腰回りが冷える心配も少ないのです。
 ・寝姿勢によっても腰部・骨盤に負担がかかる
  うつぶせになり、ゴロゴロリラックス。しかしこの状態でしばらくいると、腰に違和感が......そして体勢を変えようとしても、腰が痛くて動けず、ということがあります。この姿勢は、腰椎の関節に負荷がかかるため、腰のコンディションがあまり良くない人は、痛みが出てしまう可能性があるのです。
 ・リラックスタイムのその姿勢、本当に大丈夫?
  自分で楽に感じる姿勢があると思いますが、楽な姿勢が体にも負担が少ない姿勢とは限りません。実際には腰に負担がかかってしまい、腰痛が起こりやすくなってしまうケースもあるのです。

骨盤は普段の何気ない負担が少しずつ影響を与えていくことがあります。特に腰痛持ちの方は改善するのが望ましいです。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30