院長の気ままブログ

2017年1月19日 木曜日

仙腸関節炎って知っていますか?

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

仙腸関節って聞いたことありますか?仙腸関節とは、骨盤の仙骨と腸骨の間にある関節です。この関節が炎症を起こす仙腸関節炎が腰痛に大きく関係しているといわれているんです。

○仙腸関節炎の症状
 仙腸関節を中心とした腰痛が一般的ですが、骨盤や臀部、足の付け根、下肢などに痛みが生じることもあります。

○仙腸関節炎の原因
 仙腸関節に炎症が起きる原因は、仙腸関節のゆがみによるものであるといわれています。仙腸関節がゆがむことで上半身の体重のかかり方に変化が生じ、仙腸関節に余分な負荷がかかって炎症につながると言われています。
 仙腸関節は脊椎の根元に位置し、骨盤の仙骨と腸骨の継ぎ目にあたる場所にあります。仙腸関節3~5mm程度しか隙き間が空いておらず、靭帯によって強固に結び付けられているため、わずかしか動かない関節なのですが、骨盤の働きをサポートする重要な関節です。その仙腸関節は可動域が非常に狭いため、少し強めの衝撃が加わったり、悪い姿勢や生活習慣を続けたりしただけでも障害が起こりやすいといわれています。

仙腸関節炎が起きてしまった場合、骨盤を安定させる骨盤ゴムベルトで仙腸関節の不適合の発生を抑えるようにするといいですよ。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30