院長の気ままブログ

2016年12月16日 金曜日

鼻呼吸で予防、改善できること

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

先日のブログで口呼吸の改善で疲労回復につながることをお伝えしましたが、鼻呼吸にすることで様々な予防、改善効果があるんです。

○酸素を効率的に活用
 酸素は細胞に最も大切な成分です。水分や栄養は数日摂らなても死にませんが、酸素は数分~数十分で死に至るほど大事なものです。また、酸素が慢性的に減少すると、さまざまな問題を引き起こします。酸素をもっとも安全で確実に、効率よく取り入れる方法が「鼻呼吸」なのです。

○鼻呼吸の役割
 ・免疫力向上
  細菌やウィルスの侵入が減少するため、免疫の消耗が極端に減少します。結果として高い免疫力を維持できるのです。
 ・唾液分泌量増加
  舌が高位置化するため唾液腺を刺激し、唾液の分泌を活性化します。唾液量が増えるので、唾液内に含まれる抗菌蛋白質も増加するので、結果的に免疫力の向上につながります。
 ・内臓筋強化
  無意識に大きな腹式呼吸になるため、横隔膜の上下運動を大きくなります。すると横隔膜の筋力がアップし、他の臓器にも良い影響を与えます。
 ・血中酸素量増加
  腹式呼吸で常に肺全体に酸素がいきわたるため、血中酸素量が増えます。口呼吸の場合は、肺の上部2~3割しか使わないのです。
 ・血液浄化
  大量の酸素が血中に流れ込むことや、内臓機能が向上することで、血液浄化機能が高まり、血液な正常化します。

○鼻呼吸で改善、予防できること
 鼻呼吸で改善・予防できることは、極端にいえば体の中で起こっていることすべてに影響している、といっても過言ではないのです。肩こり腰痛をはじめ、カゼ、高血圧などの病気や、日常的な症状のいびきやドライマウス、運動機能も向上するのだとか。

先日お伝えしたように疲労回復力を高めるだけでなく、ケガの治癒期間短縮など体にもたらす効果は多いのです。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30