院長の気ままブログ

2016年12月13日 火曜日

のど飴でカゼ予防

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

カゼ予防といえば手洗い、うがい、マスクを思い浮かべますよね。もちろん予防接種があるのはインフルエンザだけです。今回おすすめしたいのはのど飴をなめる!です。

○予防が難しい鼻カゼウイルス
 カゼの原因となるウイルスは多種多様です。その中でも厄介なのが鼻カゼウイルスです。鼻カゼウイルスは非常に多くの種類があり、一度かかっても違うタイプのウイルスがうようよしているので、免疫記憶が効きません。

○マスクで予防
 カゼにかかるきっかけで最も多いのが、ウイルスを持った人からの飛沫感染です。この飛沫からのウイルスを吸い込まないために、有効なのがマスクなのです。しかし通常市販されているマスクは顔にぴったりと密着するわけでないので、10~20%は、マスクの脇から吸い込まれてしまいます。カゼの予防策として万全とはいえません。

○自然免疫力「抗菌蛋白質」
 個人にとって、新しい種類のウイルスだった場合、それまでの免疫記憶は役に立ちません。しかし、免疫記憶に頼らない「自然免疫」と呼ばれる免疫があるんです。中でも注目されているのが、天然の抗菌物質の一つ、「抗菌蛋白質」と呼ばれるものです。この蛋白質は粘液中にもあり、鼻水や唾液にも含まれます。唾液中の抗菌蛋白質を味方につければ、カゼを効率よく予防できる可能性があります。

○のど飴の効果は?
 唾液中の抗菌蛋白質は、本来は虫歯予防のために役立っていると推定されていますが、カゼにも有効です。のど飴をなめることで唾液が増加するので、炎症が起きている喉を一定時間洗うことができます。これにより、唾液中の抗菌蛋白質が、喉で微生物を抑えてくれる効果も期待できるのです。

飴のかわりにガムでもいいので試してみてください。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30