院長の気ままブログ

2016年11月24日 木曜日

音楽が心と体にもたらす効果

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

最近はスマートフォンの普及もあり、音楽を聴いている方も増えましたね。こだわりのヘッドホンを使っているなんて方もいるかもしれません。ただ楽しいから聴いているだけかもしれませんが、音楽を聴くことは心と体にも大きな効果をもたらしてくれるんです。

○音楽が心と体に与える効果
 ・リラックスでき、睡眠の質が上がる
  リラックスしたテンポの曲を聴くことは寝つきが良くなる効果があります。ボリュームや選曲を意識することが、睡眠の質の向上の可能性を広げてくれます。
 ・ストレス解消
  お気に入りの一曲を聞けば、いつだって気分は上がりますよね。音楽を聴くことでストレス解消にもなり、パフォーマンスも上がります。
 ・悩み事にも前向きに
  人は音楽を聴くことで、より内省的になれるそうです。悩み事や問題を抱えていて気分が落ち込んでいるとき、音楽がより広い視野で考えられるきっかけにもなり、明るい見通しがつくかもしれません。
 ・食べ過ぎ抑制効果
  柔らかい照明のなかで音楽を聴きながら食事をすると、カロリー摂取が18%も少なくなるという研究結果があるそうです。
 ・集中力向上
  テンポのゆっくりなアンビエントミュージック(ダウンテンポ・環境音楽)は、落ち着いて物事に取り組めるようになる効果があり、ストレスで集中力が途切れることも少なくなります。
 ・ポジティブになり、記憶力のも影響
  音楽を聴くことで脳内のドーパミンやオキシトシンのレベルが高くなると、ポジティブな気持ちになり、知覚が鋭くなると言われています。さらに脳の可塑性が高まり、新しいことを学ぶ力や、記憶力が高まることにもなるとか。
 ・手術前の不安減少や血圧を下げる効果
  リラックスした音楽を聴いていると心拍数が下がり、緊張しているときでもすっと眠りにつくことができます。
 ・術後の回復を促す
  音楽は、手術後の強いストレスや痛みなどを和らげてくれる効果があります。
 ・話し方や滑舌が良くなる
  耳で聞くものと口から出る音には密接な関係があり、「言葉のリハビリ」に音楽が使われるケースもあります。
 ・免疫機能にも影響
  音楽を聴いている人は免疫を向上させるバクテリアのレベルが高く、ストレスホルモン「コチゾール」のレベルが低いのだとか。

何気なく聴いている方が多いと思いますが、体にリラックス効果を与えることでこんなにも良い効果があるんです。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30