院長の気ままブログ

2016年11月19日 土曜日

ストレッチの真実

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

健康維持やダイエットのために日常的に運動をする人が増えましたね。中でもストレッチは短時間ででき、筋肉の緊張をほぐし、血行不良の改善に役立つので、運動不足の方にもおすすめできる運動です。そんなストレッチの真実とは。

○入浴後が効果的
 運動後、入浴中や入浴後は、ストレッチに適しているってよく耳にしませんか?これは本当のことで、入浴後の体の芯からポカポカと温まっている状態は、疲労や運動不足で硬くなった筋肉を緩め、より体が伸びやすくなります。また、筋肉全体を覆う組織である筋膜が温まることによって性質が変わり、伸びやすくなるとも言われています。

○ストレッチで痩せるの真実
 これは勘違いされやすいのですが、直接的な脂肪燃焼効果は期待できなく、ストレッチだけでは痩せられません。ストレッチの最大の魅力は、運動経験に左右されず、誰でも簡単に始められる手軽さです。そのため消費カロリーも30分で40〜50calと、かなり低いので、これだけで痩せるのは難しいです。ストレッチを続けることにより、動きやすい体になったりと、日常生活の活動量アップで、太りにくい生活につながる可能性が十分にあるんです。

○道具を使うと効果が上がる?
 筋肉のつき方や骨格には個人差があるので、うまく伸ばせない所もでてきます。その場合は、バランスボールやストレッチポール、ストレッチバンドなどを使用すると、これまでに体感したことのない伸び感を得られることがあります。ベッドやイスの高低差を利用するのも良いですよ。

○運動の前と後2種類のストレッチ
 一般的なストレッチは、大きく分けて2種類あります。「動的ストレッチ」は運動前に行なうことで血液の循環を促す効果があり、「静的ストレッチ」は運動後、収縮した筋肉をほぐす効果があります。この「静的ストレッチ」が筋細胞の自己修復に役立ち、ケガの予防に有効とされているのです。

○ストレッチとヨガの違いは?
 ストレッチとヨガは、似ているようで別物です。ストレッチは体のコンディションを整えるもので、ヨガはボディワークのことを言います。ストレッチは誰もが無理なくできるものですが、ヨガは過度な柔軟性が要求されたり、きついポーズなどがあります。

誰もが簡単に行えるストレッチ。せっかく行うならより効果的にしたいですよね。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30