院長の気ままブログ

2016年10月28日 金曜日

クールダウンですべきこと

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

運動前のウォーミングアップをしっかり行う人は多いですが、クールダウンにはどれだけ時間をかけていますか?運動は継続することが大事ですが、故障や病気などで中断することが無いようにするにはクールダウンが重要なんです。

○クールダウンの定義
 運動による疲労を軽減し、スポーツ障害を予防すること。

○クールダウンの時間は?
 クールダウンにかける時間はウォーミングアップにかける時間と同じ時間必要なんです。海外では一般的で、クールダウンの方が時間をかけることもあります。

○静的ストレッチをしっかりと
 アップでは動的ストレッチを主に行いまが、ダウンのストレッチでは、脳にトレーニングが終了したことを伝えるためにも静的ストレッチを十分に行い、疲労を少しでも軽減させましょう。

ストレッチポールなどの道具を使ったり、アイシング、温冷交代浴など方法は色々ありますので、積極的にクールダウンを取り入れて下さい。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30