院長の気ままブログ

2016年10月 7日 金曜日

疲労に直結する活性酸素

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

活性酸素って時々聞くことありませんか?活性酸素は疲労の問題、健康の問題に大きく関わってくるものなんです。

○活性酸素って?
 ・物質を酸化させる力が非常に強い酸素のこと
 ・呼吸によって取り入れる酸素の2%が活性酸素になる


○役割はなに?
 ・体外から進入してきた細菌やウィルスを撃退する
 ・体の防御システムとして重要な役割


○増えるとどうなるの?
 ・正常な細胞や遺伝子をも酸化させてしまう
 ・疲労の蓄積、パフォーマンスの低下
 ・老化やさまざまな病気を引き起こす


○特に増える状況は?
 激しいトレーニングで呼吸が多くなると活性酸素も多く発生します。さらに体内での筋肉温度が上昇すると活性酸素の変換率が5~8%程度に上昇してしまうのです。

○活性酸素を増やさないためには?
 活性酸素を除去し、酸化の働きを抑える抗酸化作用のある食べ物をとることが最も重要です。トマトやブロッコリー、ほうれん草、緑黄色野菜、キノコ、りんごなどを摂るようにしましょう。

活性酸素はウイルスや細菌から守ってくれる重要なものである一方、過剰な活性酸素は、体にとって毒になります。過剰な活性酸素は、病気の90%以上に関与していると言われています。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31