院長の気ままブログ

2016年10月 6日 木曜日

お風呂でケア効果を高める方法

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

夏場は辛かったお風呂も秋になると気持ち良く入れますよね。お風呂のついでに体のケアをしてみませんか?

○入浴の物理的効果
 ・水圧:体を圧迫して静脈血の流れを促すため、筋肉に溜まった疲労物質の除去に役立ちます。
 ・温熱:体を温める事で血管が拡張する事で、疲労物質除去に役立ちます。
 ・浮力:重力から解放される為、全身の筋肉が緩みます。


○交代浴の効果
 特に疲労している筋肉には温冷交代浴がオススメです。湯船に浸かって体を温めた後、水を15秒ほどかけます。次に40秒ほどお湯をかける。これを5回ほど繰り返し、最後はまた湯船に浸かって終わります。少し面倒ですが大きな効果があるんです。

○石けんでマッサージ
 石けんを使うことで、セルフマッサージを簡単に行う事が出来ます。筋に沿って滑らせながらマッサージを行いましょう。ただし強さには注意して下さい。

○入浴後のストレッチ
 入浴後は温熱効果でストレッチの効果が高まる絶好のコンディショニングタイムです。ゆったりした気持ちで筋肉の状態を確認しながらストレッチして下さい。疲労回復効果が良く、柔軟性の低下によって起こる数々のスポーツ障害を予防することができます。

少しでもその日の内に溜まった疲労を解消しましょう!
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30