院長の気ままブログ

2016年6月18日 土曜日

足首の痛み『フットボーラーズアンクル』

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

足首が痛いなぁ...いつもの捻挫かな?なんて思っていませんか?足首周辺の骨と骨がぶつかる感じがする、ジャンプの踏切時や着地時に足首に激痛が走る。こんな症状がある方はットボーラーズアンクルの疑いがあります。

○フットボーラーズアンクルって?
 フットボーラーズアンクルとは、足首周辺の骨に新しい骨の突起が形成されてしまうことで、骨がぶつかり痛みを生じる障害です。

○どんな人に多い?
 名前の通り、サッカー選手に多くみられる障害です。原因としてボールが足首にあたるため、骨棘ができるからと言われています。他にはバスケ、バレー、陸上選手にみられ、度重なるジャンプなどにより、骨棘が形成されるからと言われています。また、捻挫の後遺症によっても骨棘は形成されやすくなるそうです。

○対処法は?
 現在対処法としては、外科的な方法として骨棘をとる手術をする場合があります。(トップ選手はこのケガで手術をする人が多くみられます)保存療法では、
 ・テーピングで可動域を制限する
 ・練習後のアイシングを徹底し、炎症を和らげる
 ・足首周辺、足裏の機能を高め捻挫を繰り返さないようにすることでこれ以上骨棘が大きくならないよう、悪化を防ぐ
 ・足部関節のつまりを解消する

などで長期間になりますが、骨棘が吸収されるのを待つ方法があります。

ただの捻挫とたかをくくって悪化させないようにしましょう!
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31