院長の気ままブログ

2016.05.28更新

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

スポーツをしていると、ある意味ケガはつきものです。また、日常生活の中でも捻挫や腱鞘炎など思わぬアクシデントにみまわれることもあります。今回は、そのようなケガを防ぐのに効果的な食事についてです。

○関節・腱・靭帯を構成する主成分はコラーゲン
 関節・腱・靭帯を構成する主成分はコラーゲンです。なので、これらを強化するためにはコラーゲンの摂取が欠かせません。コラーゲンが不足すると、運動の有無に関わらず歳を重ねるにつれ関節炎になってしまうことがあります。スポーツ選手の場合は、よりケガのリスクが高くなります。
 強い体をつくるためには筋肉や骨だけでなく、それらをつなぐ関節や靭帯、腱の強化も重要になります。

○コラーゲンを多く含む食材は?
 食品に付いた透明なゼリーのようなものがコラーゲンです。豚足や牛すじ、鶏皮、手羽先などに多く含まれます。

○コラーゲン摂取時のポイント
 ビタミンC、亜鉛と一緒に摂取することで吸収が良くなります。

強い体をつくるためには、たんぱく質やカルシウムに加え、コラーゲンにも意識するといいかもしれないですね。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

投稿者: コンディショニングラボ南口駅前接骨院

スポーツをするすべての人を支えたい

日常生活でケガをした方はもちろん、肩こりや腰痛など

日ごろから身体の不調を感じている方も、お気軽にご相談ください

  • tel_048-669-7007.png
staff staff blog