院長の気ままブログ

2016年5月25日 水曜日

ホルモン(肉)で栄養補給!

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

体力をつけたいな、疲労回復に肉を食べたいな...なんて気持ちになる時ありませんか?そんな時におすすめなのがレバーやハツ、ミノなどのホルモン(内臓肉)です。

○ヘルシーで低脂肪
 ホルモンは正肉部分より脂肪が少なく、低カロリーです。焼肉で1番高カロリーなのは正肉のカルビで、気づいたらカロリーオーバーになりやすいのです。もちろん内臓系でも良く食べられるタンは高カロリーの分類に入るので注意が必要です。

○ミネラル豊富
 牛や豚で多少の差はありますが、鉄・亜鉛・銅の含有量が高く、発汗で失ってしまう栄養素が豊富に含まれています。これからの時期にもちょうどいいですね。

○ビタミン豊富
 貧血対策に効果的なビタミンB12を1食当たりで1日目安分摂取できると言われています。ビタミンB12は葉酸と結合し、赤血球の核酸やたんぱく質の合成を助ける働きがあります。どちらかが欠けると貧血を起こします。葉酸もホルモンの中には含まれています。その他にナイアシン、ビタミンB2、パントテン酸、ビタミンCを多く含んでおり、疲労回復効果も期待できます。

ホルモン肉を食べる際に網焼きにすると、カロリーを20%落とすことができるそうですよ。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30