症状ブログ

2016年5月 9日 月曜日

剥離骨折とは?

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

剥離骨折は筋肉の瞬間的な収縮より生じる骨折です。事故、運動などで発生します。場所によっては酷い捻挫や肉離れと間違うこともあるので注意が必要です。

○剥離骨折とは?
 外力の作用方向による骨折の分類で、筋肉の瞬間的な収縮によって発生する骨折です。裂離骨折と呼ぶこともあります。

○剥離骨折が起きやすいのは?
 運動、事故などに伴い発生することが多い骨折なので、比較的若年者に多く発生します。家庭内では高齢者に多くみられます。男女ともに起こりますが、比較的男性に多いです。腸骨、脛骨、膝蓋骨、第5中足骨などに頻度の高い骨折です。第5中足骨は捻挫をした際に起こることが多いです。

○剥離骨折の症状は?
 骨折した部位の腫脹と疼痛です。通常初期から激痛となることが多いです。場所によっては捻挫との鑑別が必要です。

○剥離骨折の治療法
 剥離骨折の治療法は安静療法と手術療法の2つあります。
・安静療法
 包帯やギプス、シーネなどで固定し、患部の安定性を確保して、時間をかけて骨折した部位の骨癒合を計ります。固定期間が長くなりやすく、運動、仕事の制限を要します。
・手術療法
 剥離骨折した骨片を金属等の固定具を使用して安定化させます。入院を要しますが、運動や仕事の必要性から、早く患部を使用する場合には、手術療法を選択することが多いです。

安静療法であっても、手術療法であっても、早期に治療をうければ、剥離骨折の予後は良好です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院