症状ブログ

2016年4月18日 月曜日

腰椎分離・すべり症とは?

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

腰痛の原因の中には腰椎の一部が切れてしまう「腰椎分離症」と腰椎が滑ってズレてしまう「腰椎のすべり症」というものがあります。これらはいったいどんなものなんでしょう?

○腰椎分離症とは?
 腰椎の分離は、腰椎の関節を構成している付近の骨が切れてしまった状態をさします。子供の頃にハードなスポーツなどで、腰部に大きな負荷をかけることにより起きる疲労骨折が原因ではないかと言われています。この分離は、仙骨と腰部のつなぎ目である第5腰椎に多く見られます。

○腰椎分離症の症状は?
 主に腰を後ろへ反らせると腰の痛みを感じます。また、長時間立っているような場合でも腰がつらくなります。しかし、腰椎が分離していても、必ず腰が痛くなるという訳ではないので、無症状のままで、運動も問題なく行えるという方もいます。
 腰痛で腰部のレントゲンを撮り発見され診断が出されます。分離が原因という腰痛では多くの場合、痛みは徐々に回復していきます。子供は、コルセットと安静により分離した部分がつくケースもあるため、早期に発見されることが理想です。

○腰痛分離すべり症とは?
 腰椎は、前に傾いた仙骨の上に乗っているため、腰椎は前方へ滑らないように、関節でしっかり支えられています。しかし、腰椎の分離によって不安定になり、腰椎がすべってズレが生じてしまうことがあります。

○腰椎分離すべり症の症状は?
 すべっても無症状の場合もありますが、腰部の神経を刺激してしまうと、お尻やフトモモの裏側に痛みが出ることがあります。刺激や圧迫の部位により、歩行で足がしびれ、長い距離を歩くことが出来なくなることもあります。
 また、高齢の女性に多いもので、分離症が無くても腰椎が滑ってしまう「腰椎変性すべり症」というものがあります。症状は分離すべり症と同様で、原因ははっきりしません。

腰椎分離症・腰椎分離すべり症は、別の腰の関節や椎間板に負担をかけている可能性が大きいので、分離やすべりの部分以外で、腰痛を起こすことは、腰痛の複雑化につながります。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院