院長の気ままブログ

2016年4月 4日 月曜日

サプリメントとの付き合い方

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

サプリメントを使っていますか?健康への関心が高まるにつれ、サプリメントの売り上げも高まるほどに人気です。しかし、健康被害件数も増加しているとか。そんなサプリメントとどうつきあえばよいのでしょうか?

○サプリメントとは?
 サプリメントとは英語で補給を意味します。毎日の食事で不足しがちなビタミンやミネラルなどの栄養素を補う、健康を維持するための食品を「サプリメント」または「栄養補助食品」と呼んでいます。欧米では「ファンクショナル・フード」とも呼ばれます。

○食生活の見直しが優先
 現代人は忙しく、食生活も乱れ、ストレスも多いです。また野菜も、昔の露地栽培のものと比べてハウス栽培のものは栄養価が低くなっています。人間を取り巻く環境もストレスが多いため人間の免疫力そのものが弱くなっているとも言われています。しかし、毎日の食生活が不規則だからと、その生活を改善せずに、サプリメントさえ摂ればOKと、安易に常用するという使い方はいかがなものでしょう。
 サプリメントは、化学式は同じでも化学合成されたものがほとんどです。また天然由来成分で作られたものでも、単独の成分を濃縮しているので、やはり一般の食べ物と同じとは言えません。

○健康食品の分類
 厚労省が設けた基準では、健康食品は3つの分類に分けられます。
・特定保健用食品
 健康に効果があると科学的実験で証明された食品。トクホマークが目印です。
・栄養機能食品
 ビタミンやミネラルなど、国が基準と定めた栄養素を一定量含んだものです。直接的な効果は保証するものではありませんが、1日の摂取目安量や注意事項を表示しなければなりません。
・一般食品
 特定保健用食品・栄養機能食品にも属さないもので、特別な定義はありません。
特定保健用食品と栄養機能食品わあわせて、保健機能食品と呼びます。

○サプリメントとの付き合い方
 サプリメントを使う上で大事なことは2つ『成分や安全性をチェックする』『用法・用量を守り、過剰に摂取しない』ことです。
・成分や安全性をチェックする
 1.不必要な添加物は含まれていないか?
 2.抽出・製造過程で危険な化学薬品などは使われいないか?
 3.科学的に安全性・効用などが証明されているか?
 4.有害物質(原料に残留農薬、重金属、細菌性毒性などはないか)は含まれていないか?

などをチェックしましょう。
・用法・用量を守り、過剰に摂取しない
 効能に期待し過ぎるは禁物です。また、医薬品と同様の効果がある成分もあり、副作用が出たり、常用している薬と反応したりということもありますので注意して下さい。

健康被害の例もありますので注意して下さい。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31