院長の気ままブログ

2016年3月16日 水曜日

ついやってしまうが逆効果... 疲労をためる習慣

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

疲れがたまってるな...と感じていますか?疲労は日々の生活習慣が原因で蓄積されることが多いんです。うっかりやりがちで逆効果になることをしていませんか?

○朝は勢いで起きてすぐに出勤準備にはいる
 毎朝の調子を整えることは、疲れをためずに毎日を過ごすためにもとっても大切なのです。寝起きはゆっくりと余裕をもって体を目覚めさせるのが望ましいです。

○気に入った靴を毎日はく
 肩こりや腰痛など筋肉が凝り固まってしまう方は、脚の長さの左右差が出ているかもしれません。靴底が変にすり減っていたり、靴の型が崩れたりしていると影響を与えることがあります。

○疲れているので休日はほとんど横になって休む
 あまり筋肉が使われないままだと身体全体が省エネモードになって太りやすい身体になります。また、同じ体勢でいると血流が悪化し、逆に疲れが増すことにもなりかねないのです。

○デスクワークなので疲労は少ないほうだと思う
 イスに座るだけでも筋肉は疲労するんです。姿勢を維持させるため、一部の筋肉に緊張した状態が続くと、血流が低下してしまい、肩こり、腰部の重だるさなどの症状につながることがあります。

○寝る前にスマホ。そして気づいたら一緒に寝ている
 スマートフォンやタブレットをベッドの上でゴロゴロしながら使っている方も多いはず。寝る前に使うことによる健康被害の可能性についてご存知ですか?画面から発する光が睡眠や日内リズムに悪い影響を与えることが報告されているのです。

○毎日筋トレで鍛えているので、体には自信あり!
 せっかくの筋トレも間違った方法では効果が半減してしまいます。トレーニングがより疲労につながることも。

○疲れている時こそ、栄養を摂らないと!と頑張って食べる
 私たちの食スタイルは、過剰摂取が原因で様々な問題が生じています。体がだるい、疲労が回復しないという方、食べすぎが原因かもしれません。

○体調が悪いのは気合いで乗り切る!
 ガンバリ屋さんは疲れをためやすく、体を壊すまで頑張ってしまう人が多い傾向がみられるそうです。

自分の行動を振り返って、逆効果の習慣があてはまらないか、チェックしてみてくださいね。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31