院長の気ままブログ

2016年3月 9日 水曜日

運動をしているのにやせない...

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

一生懸命運動をしているのにやせない...と感じている人いませんか?本来は誰でも正しく運動をしていればやせるんです。効率良く有酸素運動でやせるためにポイントを見直してみて下さい。

○有酸素運動をするタイミング
 脂肪が良く燃えるのは、体内のエネルギーが少なくなっている時です。つまり空腹時なのです。食後の運動には食べた物を脂肪に変えない働きがありますが、食前の方が効果が早くあらわれます。
 しかし、空腹感が強い状態で運動すると低血糖の危険性があるので、食後4時間前後のちょっと空腹感を感じるくらいが目安になります。

○有酸素運動のスピード
 ウォーキングでいうと散歩程度より少し息が上がる(息が切れる)くらいの早いペースの方が効果があります。しかし、全速力のような速過ぎるペースでは脂肪は燃えにくくなってしまいます。
 効率良く脂肪を燃やすのはその中間。1分間の心拍数が120~130回くらいが目安になります。(運動経験、心肺能力により違いがあります)

○筋トレも合わせて行う
 筋肉量が多いと代謝が良くなるので、有酸素運動をした時に脂肪がたくさん燃えます。有酸素運動ばかりだと、運動量の割に体重が落ちにくいのです。
 目安は2~3日に1回、効率良く脂肪を燃やすために胸やおしり、太ももなど大きな筋肉をトレーニングしましょう。また、筋トレの直後の有酸素運動は特に脂肪が燃えやすくなります。

○体を温めた状態で運動をする
 脂肪は、体が温まっている時にたくさん燃えます。有酸素運動で脂肪をたくさん燃やすためには、運動直前に筋トレや入浴で体を温めることが大切です。日頃から冷えないよう意識的に温めるようにするのが理想です。

有酸素運動で効率良く体重を落とすためのポイントを見直し、スムーズにダイエットが進むように心がけましょう。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31