院長の気ままブログ

2016年3月 3日 木曜日

3月3日はひな祭り

こんにちは!さいたま市日進駅南口目の前30秒!
コンディショニングラボ南口駅前接骨院の神田です。

3月3日はひな祭りです。ひな祭りには古くから伝わる伝統的なお祝い料理があり、春の訪れを伝える旬の食材が使われています。また、それぞれの料理や色にも縁起の良い意味が込められています。

○はまぐりのお吸い物
 はまぐりは、平安時代には「貝合わせ」遊びなどで知られ、ひな祭りの代表的な食べ物です。はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければぴったりと合いません。このことから、仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げるようにという願いが込められた縁起物です。

○菱餅(ひしもち)
 緑、白、ピンク(紅)の3色の餅を菱形に切って重ねたもので、緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンクは「魔除け」を意味する説と、緑は「大地」、白は「」、ピンクは「」で「雪がとけて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」という意味が込められているという説があります。緑餅は増血効果があると言われるよもぎを混ぜ、白餅には血圧を下げると言われるひしの実が入り、ピンク餅は解毒作用があると言われるクチナシで色をつけています。また、菱形は心臓を表し、厄災を除いたり、親が子供の健康を願う気持ちが込められているそうです。

○ひなあられ
 ひな祭りの節句の代表的な和菓子のひとつで、ピンク・緑・黄・白の4色でそれぞれ四季を表していると言われています。1年中娘が幸せに過ごせるようにという願いが込められているそうです。

○白酒
 もともとは桃の花びらを漬けた「桃花酒」というものが飲まれていたと言われています。桃は邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらすそうです。江戸時代より白酒の方が親しまれるようになったとのこ。

○ちらし寿司
 ちらし寿司そのものにいわれはないそうですが、えび(長生き)・れんこん(見通しがきく)・豆(健康でまめに働ける)など縁起のいい具が祝いの席にふさわしく、華やかな彩が春らしいのでひな祭りの定番メニューとなったようです。

ぜひ、ひな祭りならではの縁起のいいメニューを取り入れて、末永い健康と幸せを願ってみませんか。
大宮・日進の丈夫な体をつくるコンディショニングラボ南口駅前接骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 南口駅前接骨院

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31